復旦大学に語学留学したので体験談をまとめます

復旦大学に語学留学したので体験談をまとめます

僕は2019年9月から2020年1月までの半年間、復旦大学で語学留学をしました。

復旦大学に留学中、現地の生活や学校生活など、たくさんの記事を書いたので、いったんこの記事でまとめます。

これから復旦大学に語学留学する方はぜひ、これらの記事を読んで留学準備の参考にしてくださいね。

この記事の著者
yuki

yuki

プロフィール

福岡県出身、東京都在住
YouTube、SNSを使って中国語を学ぶ。weiboでは半年で1000件以上のコメントのやり取りをし、独学のスタイルを確立。その後本格的に勉強をはじめ、中検2級一発合格、HSK6級223点取得。2019年上海へ留学し、中国語と中国文化を学ぶ。
当サイトに掲載されている中国語は全て中国人のチェックを受けています。
運営者情報はこちら

復旦大学の語学留学とは

上海で最も人気のある留学先が復旦大学です。

復旦大学とは

復旦大学は中国大学ランキングでも常に上位に入るほど有名な大学です。

語学留学生には韓国人、日本人が多く、上級クラスはほぼ日本人が占めています。

語学留学生のステータス

大学名復旦大学国際文化交流学院(ICES)
校区邯郸校区
学籍語学留学(语言生)
区分僕費
時期2019/9~2020/1
科目中国語
unijia

僕はよくある語学留学として復旦大学へ留学しました。
日本の大学は休学して、自分のお金で留学する方法です。

語学留学生と本科生は留学内容が異なるため、本科希望の方は参考程度にご覧ください。

復旦大学に語学留学を申請したときのようす

復旦大学に語学留学を申請する方法
まずは復旦大学に留学を申請する方法についてです。

僕は中国留学に強いエージェントさんに任せて、申請を代行してもらいました。

自分で復旦大学へ留学を申請するためには、オンラインで入学手続きをしなければいけません。

手続きは時間がかかる上に複雑なので、しっかり手順をチェックしておきましょう。

復旦大学には、中国最大規模のJSAがあるので、困ったときは彼らに相談すればたいてい助けてくれます。
現地の入学手続きで困ったら、「北区留学生寮」にみんないるので、声をかけてくださいね。

復旦への留学生は2種類の寮に分けられる

上海の留学生寮unijiaの入り口
復旦大学に留学する人は、大きく2パターンの寮に住んでいます。

1つ目は復旦大学内にある留学生寮
2つ目は学校外のunijiaという学生寮

それぞれ寮費も入居条件も全く異なります。

学校内の留学生寮

復旦大学の留学生寮は2つの種類があります。

  • 本科生と同じ敷地内の学生寮
  • 亚洲青年交流中心

本科生と同じ留学生寮は、基本的に国費留学生しか受け入れていません。
僕費留学生や交換留学生は入れないので、他の寮を探す必要があります。

亚洲青年交流中心は、本科生寮のすぐ横にある建物で、僕費留学生でも入居可能です。
しかし入居の3ヶ月前に面接があるため、新入生でこの寮に入る人はほとんどいません。

1年留学の人が後期を亚洲青年交流中心に引っ越すのはよくあるパターンです。

復旦大学内の寮は寮費が安くて人気です。(亚洲青年交流中心は1学期で6,000元)
さらに4人のルームシェアなので、多国籍の友達ができやすいです。

学生会館「unijia」

僕費留学生のほとんどが、unijiaという学生会館に住んでいます。
この寮は特に入居制限もなく、たくさんの留学生を受け入れています。

unijiaのスタッフは留学生慣れしているのである程度英語が通じるだけでなく、面倒な手続きもけっこう手伝ってくれます。
部屋もそこそこ綺麗で十分な暮らしができるので、環境に困ることはほとんどありません。

僕がunijiaに住んでみた感想は「上海の留学生寮「unijia」を復旦大学生がレビュー!」の記事に詳しく書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。

上海の留学生寮「unijia」を復旦大学生がレビュー!

復旦大学語学生の学校生活

中国留学の教室
復旦大学に留学すると、どのような留学生活が待っているのでしょうか?

実際のところ語学生は授業が少ないので、留学生活の大半を占めるのは学校以外の部分です。
それでも友達を作れる大学という環境は、留学生活でかなり重要な部分です。

それでは、僕の留学生活をざっくりと振り返ってみます。

クラス分けテスト

最初にあったイベントは、クラス分けテストでした。
このテストで今後半年間のクラスメートが決まるので、運命の1日です。

クラス分けテストにはHSKを持っていると有利です。
復旦大学は9段階のクラスがあり、これは中国でもトップクラスの豊富さです。

クラス分けテストはパソコンで行われ、その場で点数が出ます。
中国留学クラス分けテスト試験会場

試験は指定された時間内で好きな時に参加するので、会場は人の出入りが多くてざわざわしてます。

最初にちょっとした面談をして自分のレベルに合った問題をとき、合格ならそのクラスに配属される仕組みです。

語学留学する人のレベルはそれぞれで、全く中国語を知らない人から中国在住経験のある人までいます。

クラス発表から1週間はお試しなので、この期間中にクラス変更を申し出ることができます。

下のクラスには自由に移動できますが、上のクラスに移動する時は追加の試験に合格しなければいけません。

yuki

僕は運良く一番上のクラスに入れましたが、クラスメートとのレベル差はかなりありました。

それでもこんなに凄い人たちと一緒に授業が受けれる環境が嬉しくて、毎日の授業では学ぶことが本当に多かったです!

クラス分けの雰囲気と対策などについて「中国留学のクラス分けは心配無用です!各クラスの語学レベルを紹介!」の記事にまとめたので、ぜひ読んでみてくださいね。

中国留学のクラス分けは心配無用です!各クラスの語学レベルを紹介!

各クラスの授業風景をレビュー

復旦大学には9段階のクラスがあります。
クラスが多いので、学生は自分のレベルやクラスの雰囲気を見て、自分に合った授業を受けることができます。

復旦大学のクラスの多さは中国でもトップクラスなんです。

復旦大学はクラス数の大きさを生かして、各レベルに合わせたカリキュラムで授業を行っています。
カリキュラムはこんな感じです。

中国留学の授業カリキュラム

A~Dクラスは欧米系の学生が多く、中国語も初級レベルなので先生は英語を使うこともあるらしいです。
E以降はほぼ中国語、Hクラス以上になるとクラスメート同士の会話も中国語がほとんどです。

yuki

復旦大学の先生たちは個性的で、面白くて、優秀な先生ばかりです!

宿題添削もしっかり丁寧にやってくれるので、とても勉強になりました!

中国留学の授業を徹底レビュー!今からできる留学対策とは?」では日本人留学生4人にインタビューして、計3つのクラスの授業風景を詳しくレビューしてみました。

中国留学の授業を徹底レビュー!今からできる留学対策とは?

自主学習の様子

学校の授業では宿題が出たり、小テストをされたりするので、毎日の自習の時間はとても大切です。

留学生に人気なのはカフェでコーヒーやタピオカを飲みながら勉強することです。
カフェの勉強風景

僕のお気に入りは85℃っていうパン屋さんとスタバでした。
復旦大学のすぐそばにあるので、学校帰りにいつも寄って帰っていました。

とはいえ、留学中の勉強は座学だけではありません。
友達とおしゃべりしたり、街を歩いたりするのも立派な勉強です。

中国留学中の勉強環境を紹介!」の記事では僕が中国で勉強になったなと思った環境をまとめました。

https://yuki-china-blog.com/study-chinese/

復旦大学食堂と周辺のレストラン

実は僕は、中国での食事に慣れるのに相当苦労しました。

一番キツかったのは脂の多さで、どの料理にも油を使う中華料理が全然食べきれなかったんです。

食べれなかった学食肉丝炒面

左が学食(今見ると外れメニューを選んでます)、右は近所のレストランです。

右の料理は「炒面」と言って焼きそばみたいなものですが、脂の量が半端ないです。初日に食べたのがこれだったので、最初の印象は最悪でした笑

その代わりに、上海には日本食がたくさん合ったのでかなり助けられました。

すき家の牛丼

サイゼリヤのパスタ
まさか中国に来てすき家とサイゼリヤをここまで好きになれるとは思いませんでした。

yuki

上海に来て最初の1ヶ月は日本食ばかり食べてました…笑

すき家とサイゼリヤはコスパも良くて、中華料理が好きな人でもたまに食べに来るほどです。
特に中国のサイゼリヤのピザはとっても美味しくて、おすすめです。

こんな感じで食生活に悩んでいたのですが、1ヶ月経った頃から徐々に慣れてきて、2ヶ月も経てば学食が大好きになりました。

食生活の変化に対応できるかどうかは個人差があるところですが、僕の経験談から少しでもお役に立てれば幸いです。

中国留学で中華料理が嫌いになった?留学初期は食事とのバトルです」の記事では僕が失敗した食事、美味しかった食事、復旦大学周りのおすすめのレストランを紹介しています。

中国留学で中華料理が嫌いになった?留学初期は食事とのバトルです

yuki

実は僕は、コロナウイルスの影響で復旦大学への留学を半年で中断しました。
その時の状況は「中国留学がコロナのせいでオンラインになった今の状況をまとめました」の記事に書いています。

復旦大学と日本人


復旦大学の日本人留学生会は、中国の大学の中でもトップレベルの規模で活動しています。

復旦大学に留学すると何度かは、日本人会にお世話になるので、ぜひイベントにも積極的に顔を出してみましょう。

復旦大学日本人留学生会(JSA)とは?

復旦大学日本人留学生会とは、復旦大学に留学中の日本人本科生による組織です。

日本人留学生のサポートや様々なイベントの開催をしてくれている団体で、wechatグループでは困った時に気軽に質問できる環境を整えてくれたり、重要なお知らせを日本語で通知してくれたりします。

先日、復旦大学のメンバーにインタビューをして活動内容を紹介してもらったので、ぜひ「復旦大学の日本人留学生会(JSA)とは?学校生活のサポートとイベントの感想」の記事を読んでみてくださいね。
JSAはメンバー募集中なので、気になった方はお問い合わせしてみましょう!

yuki

JSAの皆さんは明るくて優しい人ばかりです。
僕も最初の頃はJSAの方々に本当に助けられました。

復旦大学の日本人留学生会(JSA)とは?学校生活のサポートとイベントの感想

復旦大学JSAの日本人イベント

復旦大学の日本人留学生会は、月に1~2回イベントを開催しています。
入学直後には日本人新入生歓迎会もあります。

さらに他国留学生会と合同で国際交流パーティーを開くこともあり、様々な雰囲気でイベントを楽しんだり、いろんな友達を作ったりすることができます。

中国留学中に日本人会のイベントに参加するのは有意義?復旦大学JSAの歓迎会に行ってみた!」の記事では、僕がイベントに参加してみた感想を紹介しています。

中国留学中に日本人会のイベントに参加するのは有意義?復旦大学JSAの歓迎会に行ってみた!

復旦大学での語学留学から考える中国留学のメリット

上海バンドのプチ旅行
みなさんが中国へ留学したいと思ったきっかけはなんですか?

僕は、中国の生活を体験してみたかったからです。
中国留学を決意しました!」の記事で書いたように、僕は中国語を学びつつも中国のことを何も知らなかったので、その世界を感じてみたいと思ったんです。

中国は世界の中でも発展している国で、さらに文化的にも社会的にも特別な状態にあります。
ネット規制があるので、生活の中で目にする情報にも、日本とは大きな差があります。

そんな生活を半年、1年経験することでどのような価値観を得ることができるのでしょうか?

中国留学を半年間経験し、「中国留学を終えて感じたメリットとデメリットを正直に告白します」の記事では留学の意義について考えてみました。

中国留学を終えて感じたメリットとデメリットを正直に告白します

復旦大学に半年留学してかかった全ての費用

中国銀行の看板
中国は比較的安い費用で留学できる国です。

しかし、留学スタイルは人それぞれなので、どのような申請をするか、どのような生活をするかで費用は大きく異なります。
復旦大学は学費がちょっと高め、寮費もunijiaはぼったくり、上海は物価が高いという三拍子が揃っているので費用は高くなりがちです。

僕の場合は合計で130万円くらいになってしまいました。
しかし僕はエージェントのサポートをたくさんつけたり、1年留学の手続きをしたりしているので、安くしようと思えば削れる費用はかなりありました。

費用について詳しい内容は「中国留学の費用を全公開〜奨学金なしで手続きから帰国まで〜」の記事を参考にしてくださいね。

中国留学の費用を全公開〜奨学金なしで手続きから帰国まで〜

復旦大学に語学留学した体験談のまとめ

復旦大学に語学留学したので体験談をまとめます
この記事では、復旦大学に留学した僕の経験談をざっくりとまとめました。

復旦大学での留学生活は楽しいことばかりではなかったけど、僕にとっては何にも変えがたい貴重な半年間を過ごすことができました。

コロナウイルスの影響で留学を途中で断念んしたのは残念ですが、これほど充実した留学生活を過ごせたことには本当に感謝しています。

これから留学するみなさんは、ぜひ僕の体験談を参考にしっかりと準備を整えて、実りある留学生活を過ごしてくださいね!

yuki

最後まで読んでくださってありがとうございました!

中国語のスピーキングが急成長した中国留学中の勉強法【日本にいても真似できる】」では勉強方法をもっと詳しく解説しているので合わせてお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。