留学準備

中国留学でスマホどうする?長期留学者必見!SIMカードにする前に

中国留学でスマホどうする?長期留学者必見!SIMカードにする前に

中国留学ではスマホが必要だとよく言われますよね。

でも、中国はネット規制があるためにどのような対策を立てればいいのか、迷ってしまう人も多いかもしれません。

中国でのスマホを考えるとき、自分が日本のSNSが必要かどうかを考える必要があります。

その他、中国留学に必要なもんおについては「中国留学の持ち物リストを徹底考察!持っていけばよかったって後悔したものとは?」の記事に書いているので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事では、中国でも自分の趣味に合ったスマホを使う方法を紹介します。

短期留学長期留学
ネット規制対策不要何もなしSIMカード
ネット規制対策必要ポケットWiFiSIMカード+VPN

中国留学でスマホをどう使うか考えよう

中国留学でスマホをどう使うか考えよう
中国留学で自分がどれくらいスマホを使うことになるのか、よく考えてみましょう。

中国にはネット規制があるので、日本のようにとりあえず繋げばOKみたいな簡単な方法ではいけません。

例えばお仕事できている人はGmailを使うことが多いでしょうし、学生さんでも家族と連絡を取るのにLineを使うことがあるかもしれません。
このような人は、通信手段の他にネット規制対策が必要です。

一方で、家族が中国のアプリを使えたり、完全に一人旅だという人は、ネット規制があってもそんなに困ることはありません。
このような人は、通信手段の確保だけを考えればOKです。

それではここから、各パターンでの必要なものを紹介します。

自分がどれに当てはまるのか、まずはチェックしてみてくださいね。

短期留学長期留学
ネット規制対策不要何もなしSIMカード
ネット規制対策必要ポケットWiFiSIMカード+VPN

短期留学でネット規制対策無しのパターン

短期留学かつ日本のSNSがそこまで必要ない、という人は何もしないで行くのもOKです。

もちろん海外なのでモバイル通信はOFFにしておく必要がありますが(海外ローミングだと1日1000円かかる)、現地のWiFiを使えばなんとかなります。

とはいえ1,2ヶ月の短期留学でSIMカードの購入は難しいですし、もしネットが必要になった時に困ってしまう可能性も高いです。

だからこれは、短期留学かつ学校や寮からあまり外出しない人向けの方法です。

短期留学の人で旅行にたくさん行きたい、という場合はネット通信は確保しておいた方が良いですね。

2ヶ月以上の留学に行く人は何もしないで行くのはやめましょう。

短期留学でネット規制対策するならポケットワイファイ

1,2ヶ月の短期留学ならポケットワイファイがおすすめです。

ポケットワイファイは少し値段がかかる分、通信の質が高く、中国でも日本にいる時と同等のネット環境を利用することができます。

中国の通信会社は短期留学者にSIMカードの契約をさせてくれないことが多く、短期留学者は基本的にポケットワイファイで通信手段を確保することが多いです。

具体的な費用は「中国旅行で便利なポケットWiFiを比較してみた!VPNとの違いは?」に書いていますが、だいたい1ヶ月20,000円が相場です。

1週間くらいの滞在であれば、香港SIMカードを使えばネット規制を解除した通信をすることができます。

SIMカードのみのパターン

長期留学者が中国について一番始めにやるべきことが、SIMカードの契約です。

これはネット規制有る無しに関わらず、中国で生きていくために必要なスマホを使えるようにするため、そして身分証明である「電話番号」を手に入れるためでもあります。

SIMカードは通信会社にもよりますが、だいたい月1,000円くらいです。

もちろんSIMカードは中国の通信を利用するため、ネット規制の影響を受けます。
中国で使えないSNS対策!」で紹介したサービスはすべて使えなくなります。

SIMカードは学校の始業式に合わせて校内でブースが設けられる他、一般の店舗でも購入ができます。

SIMカード+VPNのパターン

一番多いのが、SIMカードで通信を確保して、VPNでネット規制を突破するパターンです。

長期留学の人は、とりあえずVPNの契約をしておくのが良いでしょう。

中国で使えるおすすめVPN!無料WiFiは超危険|違法の理由」の記事でも詳しく紹介していますが、「セカイVPN」は2ヶ月間無料で使える上、その後の利用料金も月1,000円と安い老舗日系企業なのでおすすめNo1です。

VPNは設定からワンタッチでON、OFFができるので、日本のアプリを使うときだけONにして、普段はOFFにしておくのが一般的な使い方です。

最近では無料のVPNもありますが、プライベートネットワークを作るVPNでウイルスに犯されるとスマホが再起不能になるので、絶対に信頼できる有料で日系のVPNを使うべきです。

VPNについては、「中国で使えるおすすめVPN!無料WiFiは超危険|違法の理由」の記事を読んでくださいね。

留学前に自分のスマホをチェックしよう

留学前に自分のスマホをチェックしよう
SIMカードの契約を考えている人は、まず自分のスマホをチェックしましょう。

もしそれが大手キャリアのスマホで、SIMロックがかかっている場合は注意が必要です。

大手キャリア契約者はSIMロック解除が必要

ソフトバンク、ドコモ、auで高銀有したスマホには、「SIMロック」というものがされています。

SIMロックとは通信手段をその企業だけに限定されている設定のことで、SIMカードを入れ替えて通信会社を変更することができない状態です。

つまりSIMロックがかかった状態で中国のSIMカードを差し込んでも、使えないという状態になっていまいます。
しかも中国から日本のスマホのSIMロック解除するのはとっても面倒だとよく聞きます。

だから、自分のスマホがSIMロックされているかわからない人はまず、店舗に行って確認してもらいましょう。

SIMロック解除には、だいたい3,000円くらいかかります。

ちなみにネットのマイページからでも設定変更できるみたいなので、店舗に行く時間がない人はちょっと難しいですがマイページから設定を外してみてくださいね。

お問い合わせ電話
Softbank 0800-919-0157
Docomo 0120-800-000
Au カスタマーセンター

留学中に電話番号とメアドを格安で保管してもらえる

中国でSIMカードを購入すると新しい電話番号がもらえるのですが、そうすると日本の電話番号は使わなくなります。

そこで、日本でのキャリア契約を保持したまま中国で新しい電話番号を持ちたい人向けに、すでに便利なサービスが提供されているんです。

それが電話番号、メールアドレスお預かりサービスです。

これは月400円くらいで、電話番号とメールアドレスの保管だけをしてくれる留学者向けのプランです。
これをしないと毎月数千円も、使いもしないデータ通信料を支払わないといけなくなるので、解約しない人は全員入るべきですね。

事前に店舗に申し込みが必要なので、時間を見つけて店舗に行きましょう。
残念ですが、手続きには事務手数料が2~3,000円かかります。

電話番号メールアドレスお預かりサービスリンク
ソフトバンクはこちら
ドコモはこちら
auはこちら

海外ローミングは高額になる

大手キャリアで海外ローミング契約をしている人は要注意です。

海外でモバイル通信をONにしているだけで海外ローミングが適用され、1日1,000円もの高額な通信料が発生してしまいます。

1日2日ならなんとか耐えれますが、少しでも長めの旅になる場合は必ず、何かの対策を立てておきましょう。

蛇足ですが、日本の格安SIMはそもそも海外ローミングがないので繋がりません。

中国のSIMカードに入れ替えることはできるので、長期の場合はSIMカードの購入、短期の場合はポケットワイファイを使うようにしましょう。

中国でスマホを買って二台持ちするのもあり

中国でスマホを買って二台持ちするのもあり
スマホのSIMロック解除が面倒で、どうせなら元々SIMフリーのスマホを買っちゃおうという人もいます。

SIMフリーのスマホは買ったその状態からSIMカードの入れ替えが可能です。
日本の格安SIMでも中国のSIMカードでもなんでも使えるので、コスパが良いと評判です。

SIMフリーのスマホはたくさんありますが、中華スマホは最近ホットな機種がたくさんあります。

中華スマホは普及していない代わりにコスパが良く、iPhoneに劣らない性質を持つスマホがiPhoneの半額で買えるのが注目ポイントです。

今は人気がないのでこれだけ安いですが、今後その実力が認められるにつれて値上げされるのは必至ですね。

コスパ最強の格安おすすめ中華スマホ!知られざるハイスペックの実態は
コスパ最強の格安おすすめ中華スマホ!知られざるハイスペックの実態は最近、中華スマホへの注目が高まっています。中国のスマホは値段が安くて機能性が良いという、まさにコスパ最強のスマートフォンです。この記事ではコスパの良い機種だけでなくハイスペックモデルにも注目してその魅力を語ります。...

中国留学でのスマホ論まとめ

中国留学でのスマホ論まとめ
中国では、スマホは超重要アイテムです。

特に長期留学する場合は身分証明にも、買い物にもスマホを多用することになります。

スマホの準備だけは抜かりのないように、出発前からしっかりと準備しておきましょうね。

短期留学長期留学
ネット規制対策不要何もなしSIMカード
ネット規制対策必要ポケットWiFiSIMカード+VPN

先日、「SNSで中国語を上達させる具体的な方法」にて、私の過去の勉強法を全て公開しました。

中国のアプリ上でチャットすることで中国語を勉強してきた私の過去の工夫、体験談が全て詰まっています。

また、それを生かしてHSK6級を取得するために必要な勉強のコツも合わせて紹介しています。

構成にこだわり抜いたため、執筆に1ヶ月もかかってしまいました。
その分、過去最高傑作だと自信を持っておすすめできる記事です。

このノートは短期間で効率的に中国語を上達させたり、資格試験で点数を伸ばしたりするために読むものではありません。

それでも、楽しくコツコツと中国語の勉強を続け、じっくり実力を伸ばしていくためには確実に役に立つ知識が詰まっていると、私は考えています。

楽しく、のんびりと、独学で本格的な中国語を勉強したい方はぜひ読んでみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA