留学生活

中国留学の手続きまとめ!現地到着後にやることリスト編【2019】

中国に来てからやるべき留学手続き
中国留学に行くけど、実際の手続き内容を確認しておきたいな。

情報の少ない中国留学では、中国現地で何をすれば良いのか不安なこともありますよね。

私は2019年9月から上海の復旦大学に留学していて、実際に中国の大学への手続きを経験し、これまで一つ一つの手続きに関して体験談を書いてきました。

yuki
yuki
この記事では中国現地に着いてからやることリストとして、私の体験談をインデックス形式でまとめました!

日本での中国留学準備に関しては「中国留学の準備を全部まとめてみた!」の記事を参考にしてくださいね。

中国留学の手続きまとめ!現地に着いてからやることリスト

中国現地に着いてからやるべき手続きは以下の8項目です。

手続きの順番
  1. 空港に着いたら香港SIMをセットする
  2. 寮に着いたら臨時住居登録をする
  3. 入学手続きの体験談
  4. クラス分けテスト
  5. スマホの契約は学校でするべき
  6. 銀行口座の契約はスマホの後!
  7. 健康診断の認証または受診をする
  8. X1ビザは居留許可申請が必要

それでは、一つずつ概要を紹介していきます。

空港に着いたら香港SIMをセットする

中国留学で現地到着後すぐにスマホを使うには香港SIMカードがおすすめ
中国留学に行くときに必ずもっておきたいもの、それが「香港SIMカード」です。

香港SIMカードは中国のネット規制を受けず、さらにスマホに挿すだけですぐアクティベートできる優秀なアイテムです。

このカードがあれば余計な契約なしで、中国の空港に着いてすぐ、家族へ連絡したり調べ物をしたりできます。

しかも、ネット規制なしで。

中国で電話番号を買うのは学校が始まってからになるので、到着から入学までの期間は香港SIMで通信を確保するのが一般的です。

このSIMカードは中国留学者なら絶対に知っておくべきというほど重要なSIMカードで、中国に詳しい人ほぼ全員が推薦しています。

詳しくは「中国留学で現地到着後すぐにスマホを使うには香港SIMカードがおすすめ」の記事を読んでみてくださいね。

寮に着いたら臨時住居登録をする

この手続きは、基本的に自分でやらなくてOKです。

寮に着いたら寮の人が案内してくれるのですが、彼らが臨時住居登録をやってくれます。

寮に着いたとき、パスポートと入学許可書の提出を求められたら、その手続きをするためだと思ってOKです。

実際に学校の留学生寮に入った人、学外の学生マンションに入った人は、寮の管理人が代行してくれています。

もし自分で調べて一般のアパートに入るという人は、自分でパスポートと入学許可書を最寄りの交番に持って行ってくださいね。

入学手続きの体験談

中国留学の現地入学手続きは無理ゲーです過酷すぎた実話を暴露します
大学の入学手続きは、秋学期は9月、春学期は2月に行われます。

実は大学の入学手続きはかなり難しくて、留学生は初日から心身ともに疲れ果てることとなります。

私も入学手続きをしましたが、本当に大変でした。
友達に聞いても、全員が死ぬほど疲れたと口にするほど、手続きは複雑で長かったです。

大学の事務員というのは基本的に優しくなくて、さらにこんなに多くの人がいる状況では彼らもイラついています。
こんな状況で一人で手続きしてたら、本当に大変です。

私のおすすめは、2万円くらい出してでもサポートをつけることで、この手続きを乗り切る方法です。
大学の事務員は適当すぎて必要なサインを忘れることがよくあるので、サポートがいないとかなり面倒な結果になりかねません。

私が実際に体験した入学手続きの過酷さは「中国留学の現地入学手続きは無理ゲーです|過酷すぎた実話を暴露します」の記事を読んでくださいね。

クラス分けテストは気楽に!

中国留学のクラス分けは心配無用です!各クラスの語学レベルを紹介!
語学学校の手続きができたら、すぐにクラス分けテストが行われます。

結論から言うと、このクラス分けテストはあんまり緊張しなくて大丈夫です。

中国ではクラスが決まった後、最初の1週間はお試し期間が設けられています。

この期間に、自分のクラスが合わないと感じたら他のクラスへ移動することができます。

私のおすすめは、自分の実力よりもちょっとだけ上のクラス。

モチベーションが刺激されて、もっと頑張ろうって言う気持ちになれます。

クラス分けテストの試験内容や解答のコツは「中国留学のクラス分けは心配無用です!各クラスの語学レベルを紹介!」の記事を読んでくださいね。

スマホの契約は学校でするべき

中国留学で買ったSIMカードが神だった|月々100GB年間料金100元の秘密
大学の入学手続きが行われている期間、学内で格安のSIMカードが販売されています。

中国移動または中国聯通のどちらかの会社を選べばOKです。

私が上海で見つけたこの学生専用プランでは、毎月の使用量が100GB、年間料金100元(1,500円)と言う大破格でした。

これはさすがに中国でもありえないくらい安くて、大学の学生専用プランではこんな感じの格安プランを契約することができます。

中国についてすぐスマホ契約をしたい気持ちはわかりますが、大学の学内販売を待っている方がお得なので、ぜひ利用しましょう。

上海で見つけたこちらの格安プランについては「中国留学で買ったSIMカードが神だった|月々100GB,年間料金100元の秘密」の記事に詳しく書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。

銀行口座の契約はスマホの後!

中国留学で銀行口座を開設した具体的な手順を紹介!X2でも大丈夫?
スマホの契約ができたら、そのあとに銀行口座の契約をしましょう。

銀行口座契約の時は電話番号が必要なので、スマホの契約をしていないと銀行口座が開設できません。

X2ビザの人は銀行口座の開設ができないとされていますが、実はいろんな銀行を回っていけば出来てしまいます。

銀行口座の詳しい開設手順と、X2ビザで銀行口座を開設した友達の体験談は「中国留学で銀行口座を開設した具体的な手順を紹介!X2でも大丈夫?」の記事を読んでくださいね。

健康診断の提出または受診をする

中国留学|日中友好病院の外国人体格検査(健康診断)を徹底レビュー!
外国人体格検査は、日本でも中国でも受けることができます。

日本で受ける場合は27,000円、中国で受ける場合は500元(約7,500円)です。

一般的に健康診断提出の日は決められていて、日本で受けてきた人は提出するだけ。

中国で受ける必要がある人はその日に検査します。

健康診断の認証方法

健康診断を提出したら、1週間後くらいに公式な文章で健康診断記録をもらうことができます。

この書類が次の居留許可申請に必要となります。

日本で受けた健康診断の体験談は「中国留学|日中友好病院の外国人体格検査(健康診断)を徹底レビュー!」の記事を読んでくださいね。

X1ビザは居留許可申請が必要

中国留学で居留許可してきた!X1ビザで申請する時の必要書類と費用
中国留学の現地手続き最後のステップは、居留許可の申請です。

居留許可の申請を行う人は以下の3パターンです。

  • X1ビザで入国した人
  • X2ビザだけど延長して1年滞在する人
  • X2ビザで半年留学だけど途中で一時帰国したい人

このいずれかに当たる場合、居留許可の申請をしなければいけません。

居留許可の申請ではパスポートの原本を提出するので、その前に、スマホの契約と銀行口座の開設が終わらせておきましょう。

詳しい居留許可申請の手順と注意点に関しては「中国留学で居留許可してきた!X1ビザで申請する時の必要書類と費用」の記事を読んでくださいね。

Amazonで安く買い物する方法

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、アマゾン内の電子マネーであるギフト券チャージタイプをおすすめします。

現金でチャージするたびに、最大2.5%もポイントがもらえます。

アマゾンギフト券

しかも今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンがあります!

3分くらいかかる代わりに、誰でもどの買い物でも安くすることができるので、ぜひギフト券を使ってくださいね。

いちいちクレジットカードを使う必要がなくなるのでめっちゃ便利です!

\新規1000Ptプレゼント中/

Amazonギフト券を探す

✔︎利用するだけで最大2.5%安くなる
✔︎一円単位で購入可能

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。