今話題の中国語サロンを知ってる? >>

マイクロ中国の運営者情報【yukiのプロフィール】

yuki

こんにちは!

yuki(@yuki_chinese)と申します。

ここでは、当ブログ管理者のyukiについて、みなさんに紹介します。

MEMO
当サイトの記事は全てリンクフリーです。ほかサイトからのリンク及びSNS上での言及は大歓迎します。

また、当サイトに掲載しているyuki作成の画像については、出典元の記事へのリンクを付けた場合のみ転載を許可します。
こんな画像をつくってます

yuki(ゆうき)とは?

yuki

まずは僕がどんな人なのか、簡単な生い立ちから紹介します。

 

福岡で育った少年時代

僕は小さい頃、囲碁少年でした。

囲碁っていうと、ヒカルの碁のあれです。
あれにずっとハマっていたんです。

6歳の頃、おじいちゃんから囲碁を教わったのをきっかけに、今までずっと囲碁を趣味にしています。

高校生になった時、本気で強くなりたいと思った僕は、福岡県のとある子供囲碁教室を訪ねました。
そして毎日、囲碁づけの日々を送り、やがて全国大会常連のレベルまで上達します。

実は初めて書いたブログも、囲碁のブログなんです。
初々しい記事がたくさんあるので、ぜひ読んでみてください笑

福岡でずっと生まれ育った僕が東京に出てきたのも、囲碁が強い早稲田大学に憧れを持ったからです。

日本有数の名門校で、もっともっと腕を磨きたい!

そう思って、18歳の頃に上京しました。

 

劣等感にまみれた大学生活

ところが、大学に入った僕はある問題に直面します。

「「「早稲田大学あたま良すぎ」」」

残念ながら僕は勉強が大の苦手だったので、本当に大学の授業についていくことができなかったんです。

憧れの囲碁部はみんな強くてなかなかレギュラーになれないし、授業は難しくて単位が取れないし…

当時は、福岡に帰省した瞬間に涙が出てきた時もありました。

今でも覚えてるのが、「収容所行きの電車の最終目的地が早稲田大学だった」という夢。

yuki

トラウマレベルですね

そして大学1年の1月、僕は緊急入院しました。

自然気胸でした。(肺に穴が開いちゃう病気)
原因は不明ですが、おそらく過度のストレスと疲労が詰み重なったのでしょう。

ただ当時僕は胸の筋肉痛だったと思っていたので、2Km離れた病院まで歩いて行って、先生の表情が一瞬で真っ青になったのをよく覚えています。

その場で手術しないと死んじゃうよって先生に言われるくらい、わりと重症だったみたいです。

そんなこんなで命が助かったのですが、入院期間と試験期間が被ったことで単位はズタボロ。

2年生でその巻き返しを図るも、心を壊して不登校になってしまいました

yuki

もう人生終わりだ…

学校にも行けず、それを誰にも言えず、

絶望する中僕がやっていたことといえば、自分の囲碁の知識をアメブロに残しておくことでした。

いつ自殺しても大丈夫なように。

 

不登校から立ち直ったものの…

母親に不登校を打ち明けたのは、大学2年の1月13日でした。

母は感情的な人なので当時はかなり傷つく言葉も言われました。
最終的には、チューターの先生との面談もあって、あと1年だけという約束で大学に復学することになりました。

でも復学って、不登校よりも辛かったんですね。

復学直後の1学期間、僕はずっと対人恐怖症でした。

yuki

ひたすら人の目が怖かったです

当然授業に集中できるわけもなく、単位はまたもズタボロ。

チューターの先生も呆れ顔。

次の学期で単位が取れなければもう諦めなさいと言われました。

ここから、僕の人生は大きく変わっていきます。

人はいつでも変わることができる

こんなどん底にいた僕が変わったきっかけは、大学3年生の夏休みのこと。

福岡に帰って、久々に囲碁の先生と話をしました。

先生

最近どう?大学頑張ってる?

yuki

まぁまぁです

先生

そう、でもあれだけ囲碁も頑張ったんだから、きっと大丈夫だよ

そこでハッとしたんです。

僕はこれまで、先生が思うほど努力してきたのか…?

囲碁で日本一を目指していた頃のように、夢を持って前に進んでいたのか…?

実際、不登校になってからの僕はいつも後ろ向きでした。
常にできない理由を探し、自分には無理だと塞ぎ込むばかりでした。

yuki

これじゃいけない。本気になってやるしかない。

そう思った僕は生活の全てを大学に注ぎ込みました。

不安も絶望も、夢さえも捨てて生活の全てで勉強しました。
1日8時間、大学にも週7日登校しました。

そうしてなんとか僕は大学の単位が取れるようになり、少しずつ希望を取り戻していきました。

 

中国への興味が強くなる

でもそんな生活の中で一つ問題がありました。 

「「「ずっと勉強だけって飽きるし、一人だと寂しい」」」

ひとりが寂しいと思えるようになっただけで、僕にしては大きな成長ですが。

ここで、僕はテンセントQQを始め、中国人と交流することにしました。

これが僕が中国語を勉強するようになったきっかけです。

挑戦に満ちた人生を生きる

一時期は不登校になり、さらに対人恐怖症で人が極度に怖かった僕ですが、中国人との交流を経て少しずつ心を開いてきました。

今ではもうすっかり、人を怖がることはなくなりました。

そして無事大学卒業が見えてきた頃、ある想いが芽生え始めたんです。

yuki

自分を救ってくれた中国の人たちのことをもっと知りたい!

そして大学院に進学した年の9月から、僕は中国留学をすることになりました。

あれだけ人生に希望を見出せなかった僕がここまで挑戦的な人生を送れるようになったのは、

こんな僕を見捨てず支えてくれた両親、温かい言葉をかけてくれた囲碁の先生、ずっと優しくしてくれた大学の友達、厳しくも愛のある言葉をくれた大学の先生のおかげです。

人よりは少し時間がかかったけど、今の僕にとって、自分の大学生活は宝物です。

こんなにたくさんの成長をさせてくれた神様に感謝しています。

ブログやYouTubeを始めた理由は?

さて、こんな僕がどうして今、ブログやYouTubeで中国語の情報を発信しているのでしょうか。

正直、自分でもこれだけの方々に見ていただけるコンテンツを作れているのが、すごく不思議な気持ちです。

でも僕にはある強い想いがあるので、ここまでブレずにこの活動を続けて来れていると感じています。

 

自分の経験を伝えたかった

さっきも少し書きましたが、僕のブログ第一号は、アメブロです。
そしてそれをコピペしてしっかり作ったのが、「yukiの囲碁ブログ」というブログでした。

もともとは囲碁を辞めるつもりだった僕が、自分の戦術をみんなに受け継いで欲しくて始めたブログが、当時ちょっとだけ人気でした。

自分で言うのもあれなんですけど

僕が今まで経験したこと、学んできたことって、他の誰かにはとても真似できないことも多いと思います。

そんな中で得たことや、感じたこと、それをたくさんの人に伝えたいと言うのが僕の本音です。

yuki

誰かの役に立つことにとてもやりがいを感じます。

僕みたいな人でも、自分を変えれば、生きる環境も周りの人も変えることができると、さまざまな活動を通して伝えて行けたらなぁと思います。

それを一番感じたのは、中国留学のときでした。

当時、留学準備からブログに書いていたので、同じ留学生でブログを読んでくださっている人が少しいました。

その人たちから「ブログに書いてくれて助かりました!」と感謝の言葉をもらって

自分がいつも見ている画面の奥には、こんな人たちがいるんだ。僕のブログを見て喜んでくれるんだ。と嬉しくなりました。

帰国してからはYouTubeも始め、これから先も発信する場所は大きく変わるかもしれないですが

原点となったブログへの愛は変わることはないですし、どんな場所に立っても人の役に立てる存在になりたいと思っています。
 

ブログとYouTubeの運営について

なんだか偉そうなことを書いてしまいましたが、このブログは僕の力だけで運営しているわけではありません。

留学中は、日本人の友達から意見をもらったり韓国人の気持ちを聞かせてもらったり復旦大学JSAの方々に協力してもらったり

YouTubeでは、weiboの友達、中国で出会った街の人、つばめちゃんに協力してもらっています。

おかげさまで僕だけでは伝えることのできないこと、僕の知らないことまで魅力を伝えることができています。

ブログやYouTubeからは当然、お金をいただくこともありますが、このお金は自分の勉強代、運営費などに使わせていただいています。

yuki

もっともっと成長できるように頑張ります!

yukiおすすめのブログ記事

yuki

気になるカテゴリをタップしてね

カ テ ゴ リ ー

サイト運営者情報

このサイトの運営者情報はこちらです。

当サイト運営者のyuki(ゆうき)は、チャンネル登録者10,000人を超えるYouTubeチャンネル「ゆうきの中国語」も運営しております。

サイト名マイクロ中国
サイトURLhttps://yuki-china-blog.com/
運営者yuki(ゆうき)
所属早稲田大学先進理工学術院
所在地東京都
連絡先yuki.fudan@gmail.com
中国語保有資格中国語検定二級HSK6級223点
Twitter@yuki_chinese
Instagram@yuki_china_blog
YouTubeゆうきの中国語
SNSまとめyukiのSNSはこちら
中国語検定2級証明書
HSK6級証明書
※「@Yuki_fromFukuoka」は僕のweiboアカウントです。

略歴

2013年早稲田大学先進理工学部生命医科学科 入学
2017年Dominican University of California(アメリカ) 留学
2019年早稲田大学大学院先進理工学部生命医科学科 卒業
2019年早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻 入学
2019年復旦大学(中国) 語学留学

メディア掲載・受賞など

マイクロ中国の記事に関して

記事は下記のような信頼のおける情報源や、筆者の実体験を元に書かれています。

また、下記のような信頼の置ける機関の情報も参考にしています。