海外で使えるおすすめVPNを220件のアンケートで調査!

VPNのセキュリティは本当に安全?アプリの危険性やリスクを解説

VPNのセキュリティは本当に安全?アプリの危険性やリスクを解説

この記事でわかること
  • VPNのセキュリティはアプリによって異なる
  • 会社の運営歴とユーザーの多さで見分ける
  • いちばんおすすめはExpressVPN

VPNはセキュリティを守るため、海外からの通信を確保するために重宝されるツールです。しかし、VPNには危険性もあります。

海外でも使えるおすすめのVPNとしていくつかのVPNを紹介しましたが、世の中にはVPNアプリって本当にたくさんあるんです。でも、そのほとんどはおすすめできないVPNです。

この記事では、そんなVPNの危険性とセキュリティの安全性について紹介します。

この記事の著者
ゆうきの中国語

ゆうき

プロフィール

登録者数25,000人のYouTubeチャンネル「ゆうきの中国語」を運営/SNS総フォロワー数4.5万人 HSK6級223点/中国語検定2級
専門分野:中国語の独学/HSK/中国語検定/中国留学
詳しいプロフィールは「運営者情報」をご覧ください。

VPNのセキュリティとは?

公衆回線を用いたVPNサービスにおいて、第三者からのアクセス回避を行っているのがVPNのセキュリティです。

VPNのセキュリティは本当に安全?

VPNには様々な方式があり、それぞれセキュリティ対策も異なっています。

  • 専用線
  • 広域イーサネット
  • IP-VPN
  • エントリーVPN
  • インターネットVPN

不特定多数のユーザーがアクセスするインターネット回線を用いる「インターネットVPN」の場合、セキュリティが完全ではないということは理解できると思います。通信事業者の閉域ネットワークを用いる「IP-VPN(閉域VPN)」を利用したとしても、外部からのアクセスを許可している以上、情報漏洩のリスクを100%避けることはできません。

それぞれの方式が抱えている脆弱性に合ったセキュリティ対策を実施するようにしてください。

VPNのセキュリティの仕組みとは

VPNのセキュリティにはデータ送信者とデータ受信者の間にトンネルのように閉鎖された仮想通信路を構築する「トンネリング」という手法があり、利用者側は自らの利用状況に合わせて最適な手法を採用する必要があります。

主な手法として、下記の3つがあげられます。

・カプセル化:トンネリングした通信内容を、別の通信用の規格で包むこと
・暗号化:情報(パケット)をカプセルで包んでインターネットに転送すること
・認証:通信相手を本物かどうかをアカウント情報などで確認すること

VPNに潜むセキュリティのリスクとは

2022年2月に情報処理推進機構 (IPA) が公開した2021年下半期の「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出事例」によると、VPN装置の脆弱性を狙った事例が多数報告されています。
脆弱性が発見された場合、VPN機器メーカーから注意喚起の報告が行われ、利用者は直ちに適切な処置を行う必要があります。

しかし、情報が入ってこなければ放置されてしまいます。
VPN事業者からの報告に頼るのではなく、利用者側も自分たちが利用しているVPN機器について理解しておく必要があるでしょう。

また、ひとりひとりのユーザーが使用している通信端末がウイルスに感染してしまうことも考えられるため、全ての端末に対してセキュリティ対策を講じる必要があります。

VPNのセキュリティを上げるポイント

VPNのセキュリティ対策を高めるためのポイントは、利用者側が自らの責任でVPN提供業者を評価し、それぞれが行うべきセキュリティ対策を切り分け、使用状況に合わせた対策を講じることです。

セキュリティの高いVPNの選び方

セキュリティ対策は未然に防ぐことも大切ですが、有事の際にどのような対応を行うかがとても重要です。
VPNは常にハッカーなどから狙われていますので、導入した後に静寂性が派遣されるリスクは高いといえます。また、VPN機器や端末などのハード面でも新たな脆弱性が発見されることもあるでしょう。
過去にサイバー攻撃を受けた際の対処実績なども重要ですが、今後のアフターサービスの体制などを評価してVPNを選ぶようにしましょう。

また、ハード面がしっかりしていても、VPNを利用するユーザーのセキュリティに対する意識を高めなければ、リスクを回避することはできません。
従って、社員に対する教育体制など運用面へのサービスがしっかりしているVPNは、セキュリティへの意識が高いと評価できます。

安全ではないVPNの特徴

セキュリティ対策は未然に防ぐことも大切ですが、有事の際にどのような対応を行うかがとても重要です。
VPNは常にハッカーなどから狙われていますので、導入した後に静寂性が派遣されるリスクは高いといえます。また、VPN機器や端末などのハード面でも新たな脆弱性が発見されることもあるでしょう。
過去にサイバー攻撃を受け際の対処実績なども重要ですが、今後のアフターサービスの体制などを評価してVPNを選ぶようにしましょう。

また、ハード面がしっかりしていても、VPNを利用するユーザーのセキュリティに対する意識を高めなければ、リスクを回避することはできません。
従って、社員に対する教育体制など運用面へのサービスがしっかりしているVPNは、セキュリティへの意識が高いと評価できます。

セキュリティが高いおすすめVPNアプリ5選

VPNアプリを提供している会社が信用できる会社かどうかの調査は徹底して行いましょう。調査に合格した中から、通信を安定させる為に必要な、接続できるサーバー数が多く、且つ利用を予定している国での運営状況が良好なアプリを選びましょう。

無料のVPNアプリもありますが、セキュリティ面を考えれば有料のサービスの方が安全と言えます。
例えば下記のようなVPNアプリがおすすめです。

ExpressVPN

イギリス領ヴァージョン諸島に本拠地を置き、世界最速の通信速度と安定性に加え、サポート体制に関しても世界各国で評価されています。 最もおすすめするVPNです。

>> ExpressVPNについて詳しく見る

Surfshark VPN

サーバー設置国数は65カ国、サーバー数: 3,200台以上という規模を誇っており、何台でも無制限にデバイスを接続できる唯一のサービスです。

>> SurfsharkVPNについて詳しく見る

セカイVPN

日本の老舗企業が運営するVPNです。日本人の運営なので日本語サポートはもちろん、日本人ユーザーも多くてなにかと安心できるVPNです。

>> セカイVPNについて詳しく見る

NordVPN

パナマに籍を置くTefincomが運営しており、動画視聴サービスが得意領域です。例えば海外からは見ることができない日本の動画を視聴することが可能となります。

>> NordVPNについて詳しく見る

かべネコ VPN

こちらも日本の企業が運営しているVPNです。通信の質こそ若干落ちますが、コスパの良さで人気があります。とはいえ中国対応もあって使いやすくおすすめできるVPNです。

>> かべネコVPNについて詳しく見る

VPNのセキュリティについてよくある質問

VPNのセキュリティについてよくある質問をまとめました。

VPN機能付きのセキュリティソフトはどれを選べば良い?
第一に確認すべき点は、使いたいOSに対応しているかどうかです。条件に合ったソフトの中から、利用できる通信データ容量や価格帯から比較をし、最も適した物を選ぶと良いです。
VPNのセキュリティを強化する方法は?
不正ログインを防止するために、強固な認証システムを取り入れることが大切です。例えばスマートフォンなどの端末であれば二段階認証を採用したり、IDやパスワードを特定されにくい文字列にしたり等が効果的です。

まとめ

この記事では、VPNのセキュリティと安全性について書きました。

VPNは2位t上の生活を便利にしてくれるツールですが、同時に個人情報を扱う非常にセンシティブなツールでもあります。

適当なVPNを使わず、安全性の高いVPNを使うようにしましょう。

コスパ最強のおすすめVPN5選!安くて信頼できるサービスは?【2023年】コスパ最強のおすすめVPN5選!安くて信頼できるサービスは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA