220人にアンケート調査!2022年のおすすめVPNは?

スマホやiPhoneでVPNが重い(遅い)原因は?在宅勤務を快適に過ごす通信のコツを紹介

スマホやiPhoneでVPNが重い(遅い)原因は?在宅勤務を快適に過ごす通信のコツを紹介

この記事でわかること
  • VPNに接続すると速度が遅くなりがち
  • 接続国を変更してみよう
  • 速度の速いVPNに乗り換えるのが一番おすすめ

VPNが繋がらないわけではないけど、通信速度が遅すぎてイライラする…

そんな経験はみなさんしたことがあるでしょう。

この記事では、VPNが重いとき、速度が遅い時の対処法を紹介します。

おすすめVPN3選!安心して使える個人向けサービスの評判まとめ2022年のおすすめVPN3選!中国でも安心して使える個人向けサービスの評判まとめ
この記事の著者
yuki

ゆうき

プロフィール

登録者数2万人のYouTuber/SNS総フォロワー数4万人
HSK6級223点/中国語検定2級
専門分野:中国語の独学/HSK/中国語検定/中国留学
詳しいプロフィールは「運営者情報」をご覧ください。

VPNが重い(遅い)原因は?

VPN接続をすると通信速度が遅くなり、いわゆる重いと感じることがあります。

通信が重くなると、動画が止まったり、ページがなかなか開かなかったりと、イライラしてしまいます。

VPN接続をして重くなる原因はいくつかありますが、代表的な原因は以下の3つです。

VPNサーバーに負荷が集中している

VPNサーバーにアクセスが集中して負荷が許容範囲を超えてしまうと、通信速度が遅くなってしまいます。

多くの人が同時に同じサーバーを使用したり、また動画などの容量の大きいサイトを閲覧していると、VPNサーバーの許容範囲を超えてしまうことがあります。

VPNはセキュリティのために暗号化処理をしていますが、サーバーにアクセスが集中して負荷が許容範囲を超えると、暗号化処理が終わるまで待ち時間が発生し通信速度が遅くなってしまいます。

ウイルス対策ソフトの影響

ウイルス対策ソフトが原因で、通信速度が遅くなることもあります。

ウイルス対策ソフトは、外部からの不正なアクセスや攻撃を防ぐために、通信データのスキャンとフィルタリングを行っています。

VPN接続で受信したデータも同様に処理が行われるため、ウイルス対策ソフトが動作しているときは接続が遅くなりやすいです。

MTUの調整ができていない

MTU(Maximum Transmission Unit)とは、通信機器などが一度に送ることのできるデータ量の上限のことです。

回線ごとにMTUは決められており、送信したいデータ量がこの設定値を超えた場合は、MTUごとにデータを分割して送信します。

MTUの調節ができていない場合、データの分割が生じることにより、通信速度が遅くなってしまいます。

VPNの通信を速くするコツ

VPNの通信が重い場合、速くするコツがいくつかあります。

下記に5つの代表的な方法を紹介します。

別のVPNサーバーに繋いでみる

一つのVPNサーバーにアクセスが集中して負荷が許容範囲を超えている場合や、また自分のいる場所からVPNサーバーの距離が遠い場合は、通信速度が遅くなる場合があります。

VPNを利用するにはVPNサーバーにアクセスをすることが必要であり、VPNのサービスにもよりますが、ほとんどのVPNサービスには様々な国にサーバーを置いています。

別のVPNサーバーに繋ぐことで、アクセスが分散されたり、またサーバーが自分のいる場所に近くなることにより、通信速度が速くなることがあります。

ウイルス対策ソフトを変更する

ウイルス対策ソフトを一時的にオフにして通信速度を確認し、通信速度が遅くなっている場合は、ウイルス対策ソフトの影響だと判断することができます。

ウイルス対策ソフトをずっとオフにしておくとセキュリティ上問題があるため、一時的にオフにした後は再度オンにしましょう。

ウイルス対策ソフトの影響がある場合は、ウイルス対策ソフトの設定を変更したり、または他のウイルス対策ソフトへの変更の検討をした方が良いかもしれません。

MTUを調整する

MTU(Maximum Transmission Unit)を調整することで、通信速度が速くなることがあります。

デバイス側のMTUの値と、VPN側のMTUの値が合っていないと、データ分割をして送信するという余計な処理が発生し、通信速度が低下する原因になってしまいます。

そのため、VPN側のMTUの設定値を変えることで、通信環境が改善し通信速度が速くなります。

デバイス側のMTUの設定値は変更することができないので、注意してください。

デバイスやルーターを再起動する

デバイスやルーターを再起動することで不具合が解消し、通信速度が速くなることがあります。

継続使用することで処理能力が落ちたり問題が発生している場合は、再起動をすることで処理能力が回復して、通信速度が元に戻ることがあります。

再起動するだけであり、簡単にすぐに対応できるので、一度試してみる価値はあると思います。

速度の速い別のVPNサービスを使う

通信速度は、そもそもVPNサービスによって違います。

有料VPNサービスと無料VPNサービスがありますが、基本的には有料VPNサービスの通信速度の方が早いです。

無料VPNはセキュリティ上で信頼できないものが多く、個人情報流出の恐れもあるため、有料VPNサービスをおすすめします。

有料 VPNサービスの中でも、Express VPNは中国でも問題なくつながり、通信速度が業界トップレベルの、非常におすすめのVPNです。

ExpressVPNの評判は?中国から繋がる最強のVPN【2022年】ExpressVPNの評判は?中国から繋がる最強のVPN

まとめ

今回は、VPNが重くなる原因、VPNの通信が速くなるコツ、おすすめの有料VPNを紹介しました。

ビジネスでもプライベートでも、VPNを使う機会が増えて来ていますが、通信が重くなるとイライラしてしまいますね。

そんな時は、今回紹介をした方法を試して頂ければと思います。

特に無料VPNサービスを使っている方や、有料VPNサービスでも通信速度が遅いと感じる方は、業界最速レベルのExpress VPNを使用してみることをおすすめします。

Express VPNは30日の全額返金保証があるので、安心して試すことができます。

おすすめNo.1

30日間の全額返金保証があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA