留学準備

中国留学の準備を全部まとめてみた!

中国留学の準備を全部まとめてみた!

中国留学に行きたいけど、具体的にどのような準備が必要なの?と疑問に思う方は多いと思います。

この記事では、私が中国留学のために実際にやった準備の体験談の記事を、全てまとめました。

中国留学の準備の手順は以下の通りです。

  1. 中国留学で行きたい学校を決める
  2. 両親から中国留学への理解を得る
  3. 中国留学の奨学金を準備をする
  4. 歯医者を早めに終わらせる
  5. 中国対策の予防接種
  6. 長期留学用のビザ申請
  7. 健康診断の申請・受診
  8. 中国留学前にスマホを準備する
  9. 生活に必要なアプリを準備する
yuki
yuki
中国留学に持っていくべき荷物は別途「中国留学の持ち物リストを徹底考察!持っていけばよかったって後悔したものとは?」の記事で開設しています

中国留学は準備が大変です

中国留学へ申請するのは、準備が結構大変です。

まず多くの人が感じるのは、情報がない、と言うことでしょう。

私も実際に留学準備をしていて、経験談が断片的にしかないことや、難しそうなサイトが出てきて理解できないことが多くありました。

その経験をもとに、自分の経験談をまとめてみんなにわかりやすくシェアするために中国留学のブログを書いています。

わかりにくい点がありましたら、遠慮なくコメント、メールをしてくださいね!

中国留学で行きたい学校を決める

【中国留学】大学・学校選びで挫折しかけた話
まずは中国留学で、特にいきたい学校や地域を選びます。

中国政府奨学金を受ける場合は学校を選べないので、なんとなくでOKです。

たとえ行き先が変更になっても、まず徹底的にリサーチすることで自分のやる気を示すことになるので、積極的に情報を集めましょう。

中国留学に必要なHSKレベルは?

中国留学に必要なHSKのレベルは?低い級でも絶対に受けるべき理由
言語生の場合、留学に必要な中国語の資格はありません。中国語初心者の方でも、中国留学をすることはできます。しかし、本科生や大学院生などへ申請したい場合、大学によって入学に必要なHSK(中国語国際試験)のレベルが決められています。

HSKは申し込みから結果発表まで2ヶ月以上かかるので、早めに受験しましょう。

また、奨学金申請にもHSKは必要です。
中国留学希望者はとりあえず全員受けておくべきだと言えます。

詳しい内容は「中国留学に必要なHSKのレベルは?低い級でも絶対に受けるべき理由」の記事を読んでくださいね。

エージェントを介して留学申請する場合

留学申請では、エージェントを使うのが一番確実で安心な方法です。中国留学の場合は全てが例年通りうまく行くわけではなく、突然のシステムエラーで書類発行が遅れたり、突然必要な書類が増えたりと、もう色々が謎です。

実際に2019年の復旦大学での申請手続きで、これらは全て起こったことです。エージェントさんに任せていれば現地との繋がりで多少の融通が利いたり、プロの意見を聞いてしっかり準備したりすることができます。

ちなみにエージェントは面談だけなら無料なので、情報集めに困ったら一回、無料カウンセリングだけ受けてあとは自分で考えるのもOKです。留学に関しては情報が命なので、情報を握っているエージェントにしっかり話を聞くのはとても大事なことです。

詳しくは「【中国留学おすすめ安いエージェント】大学・学校選びで挫折しかけた話」の記事を読んでくださいね。

自分で留学申請する場合

中国留学の場合、自分で手続きする人もいます。自分で手続きすると費用をかなり削減できますが、何か不具合が起こった時に自分で対応しなければいけません。

また、募集要項は中国語と英語のみなので、自分で読む必要があります。私は以下2つの大学について募集要項を翻訳してまとめたので、興味がある方は参考にしてくださいね。

両親から中国留学への理解を得る

中国留学に両親が反対するときの方法
留学には家族のサポートも大切です。両親からの金銭的なサポートはもちろん、一人で中国へ行くという心配もかけることになります。

自分の気持ちをしっかりと伝え、両親にその意思を理解してもらうにはどうすれば良いのか、私なりに考えてみた記事です。

私も両親を説得する時に、自分なりにかなり工夫して説得に挑みました。

私の体験談は「中国留学に反対する親を説得する最善の方法を紹介!【大事なのは自分の意思】」の記事に書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。

中国留学の奨学金を準備をする

中国政府奨学金に不合格でも大丈夫!留学生必見の「来華华奨学金」
中国留学では奨学金を利用することで、学費と寮費を0円にすることもできます。しかし奨学金申請にはHSKが必要だったり、面接があったりと大変です。

しかも奨学金申請は締め切りが早くて、私は間に合いませんでした。

奨学金申請には、しっかりと情報収拾をしてきちんと準備しておきましょう。

中国留学に合わせて生活を準備する

海外へ行くときは、歯科治療と予防接種をしておかなければいけません。どちらも事故が起これば数万円以上のお金がかかったり、命に関わるケースもあったりするので、しっかり準備しておきましょう。

歯医者は早めに終わらせる

留学前に歯医者に行く
海外へ行くときは歯科治療が必要です。海外旅行保険では歯科治療に対して保険金が下りません。そのため、海外へ歯医者さんへ行くと、とんでもなく高額になってしまうんです。

歯医者は基本的に自然治癒を利用するので治療に時間がかかります。もしギリギリだったら虫歯の治療やクリーニングにかかる時間が間に合わないので、歯医者さんへは、留学の3ヶ月以上前に行っておくことをおすすめします。

私は特に虫歯がひどく、かなり大変でした。。。いい機会になったので、感謝しています。
留学前には勇気を持って歯医者に行こう!」の記事で体験談を書いているので、歯医者さんに行く勇気がわかない人は読んでみてくださいね(笑)

中国対策の予防接種について

中国留学前に予防接種に行ってきた
中国へ行くときに推奨されているのが予防接種です。現時点で推奨されているのは5種類あります。今の所、必須の予防接種はありません。

予防接種は摂取した人としていない人で感染のリスクがかなり変わるので、安全な留学にするためにも予防接種はおすすめです。

予防接種に関しては「中国留学前の予防接種に行ってきた!」に詳しくまとめているので読んでみてくださいね。

中国語を勉強しよう

工学院大学孔子学院に行ってみた
中国留学では中国語を学ぶのですが、できればその前に中国語をしっかりと勉強しておくのがおすすめです。

特に中国では中国語で中国語を学ぶことになってその環境に戸惑う人が多いので、孔子学院のような中国の学習機関に通ってみるのも良いですよ。

実際に私が孔子学院へ通ってみた話は「東京の工学院大学孔子学院に行ってきた!【評判・授業料】」の記事に書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。

長期留学用のビザ申請の方法

中国留学でXビザ申請の必要書類を徹底解説!健康診断は不要です
中国へ長期留学する場合は、ビザが必要になります。ビザの申請は半年留学、1年留学で違う種類になるので、混乱しやすいポイントです。

半年留学の人はX2ビザ、1年留学の人はX1ビザの取得が必要です。ビザがなければ中国に入ることすらできないので、しっかりと準備しましょう。

ビザの申請については「中国留学でXビザ申請の必要書類を徹底解説!健康診断は不要です」の記事に書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。

健康診断の申請方法

中国留学|日中友好病院の外国人体格検査(健康診断)を徹底レビュー!
健康診断は外国人体格検査という名前で呼ばれます。健康診断は1年以上中国へ留学する場合に必要になります。半年留学の人は必要ありません。

健康診断は国立病院、日中友好病院で受けることができますが、国立病院の場合は記入ミスもたまに起こるそうです。病院で検査票をもらった後、他の場所で再チェックしてもらうことが、公式に推奨されています。

私が日中友好病院で健康診断を受けた体験談は「中国留学|日中友好病院の外国人体格検査(健康診断)を徹底レビュー!」の記事に書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。

中国留学前にスマホを準備する

中国留学でスマホどうする?長期留学者必見!SIMカードにする前に
中国留学で一番使うものがスマホだと言われています。しかも中国はGoogleに対するネット規制があるため、日本でよく使われているアプリはだいたい使うことができません。

その対策としてVPNを契約したり現地のアプリを使ったりするのですが、そのためにも準備は必要です。

>>>中国留学で現地到着後すぐにスマホを使うには香港SIMカードがおすすめ

ラインは使える?連絡手段を確保する

中国で使えないSNS
中国留学中にラインで家族や友達と連絡したい、という人は多いと思います。社会人の方だったらGmailでいろんな連絡が必要だという人もいますよね。

まずは中国でラインのようなアプリを使う抜け道をいろんな種類確認しておきましょう。

中国のネット規制対策に関しては「中国で使えないSNS対策!」の記事に書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。

留学前にVPNを準備しよう

中国でおすすめのVPN
中国のネット規制対策として一番使われているのが、VPNです。VPNは契約することで日本の環境と同じようにスマホを使えるようになります。

VPNは無料のものと有料のものがありますが、私は有料のVPNをおすすめしています。VPNはプライベート通信なので無料のものでウイルス感染でもするとスマホが使い物にならなくなってしまいます。

私がVPNを契約するときに調べた内容をまとめた記事が「中国で使えるおすすめVPN!無料WiFiは超危険|違法の理由」なので、ぜひ参考にしてくださいね。

生活に必要なアプリを準備する

中国留学で使えるおすすめアプリをランキングにしてみた【無料のみ】
中国には生活に欠かせないアプリがたくさんあります。しかもほぼ全て日本では馴染みのないアプリたちなので、中国に行ってから慣れる必要があります。

アプリ名使用用途
WeChat連絡ツール、支払い
支付宝支払い
大众点评お店のレビュー検索
叨叨记账家計簿
淘宝ネットショッピング
AirVisual空気汚染チェック
百度地图マップ
饿了么フードデリバリー
百度网盘オンラインデータストレージ(無料1000G)
あと何日日数カウントダウン

中国で実際に使われているアプリをまとめた記事が「中国アプリランキング3選!留学生や赴任者におすすめの無料ダウンロード限定!」なのでぜひ読んでみてくださいね。

中国留学に持っていくべきもの

中国留学の持ち物を徹底考察!持っていけばよかったって後悔したものとは?
中国留学では、持ち物は少なくても良いという意見がありますが、私は1週間くらいの荷物は最低限持つべきだと思います。

実際に私が現地に行って感じたことですが、何もかもわからない場所で、いきなりなんでも買えるほど人間都合よくできていません。

もし入らなければ現地でお金を使わずに済む、という気持ちで、最低限持っていくべきものを私が選んだので、ぜひ「中国留学の持ち物リストを徹底考察!持っていけばよかったって後悔したものとは?」の記事を読んでみてくださいね。

先日、「SNSで中国語を上達させる具体的な方法」にて、私の過去の勉強法を全て公開しました。

中国のアプリ上でチャットすることで中国語を勉強してきた私の過去の工夫、体験談が全て詰まっています。

また、それを生かしてHSK6級を取得するために必要な勉強のコツも合わせて紹介しています。

構成にこだわり抜いたため、執筆に1ヶ月もかかってしまいました。
その分、過去最高傑作だと自信を持っておすすめできる記事です。

このノートは短期間で効率的に中国語を上達させたり、資格試験で点数を伸ばしたりするために読むものではありません。

それでも、楽しくコツコツと中国語の勉強を続け、じっくり実力を伸ばしていくためには確実に役に立つ知識が詰まっていると、私は考えています。

楽しく、のんびりと、独学で本格的な中国語を勉強したい方はぜひ読んでみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA