中国語のおすすめ参考書50冊をガチレビュー

ゼロから始める台湾華語の勉強法!初心者でも楽しく続けられるコツ

ゼロから始める台湾華語の勉強法!初心者でも楽しく続けられるコツ

台湾語は普通話とは全く異なる言語であり、主に台湾の中部から南部で使われています。地域問わず、お年寄りは台湾語で会話をしていることが多いです。台湾で台湾語を使うと、台湾の人々にとても喜ばれ、距離もグッと縮まります。そんな台湾語を勉強してみたいという方に、今回は台湾語の勉強について説明していきたいと思います。

中国語の勉強で最も効率的に上達する方法!SNSで楽しく学ぼう中国語の勉強法5選!YouTuberがおすすめする社会人の初心者でも独学できるやり方とは
この記事の著者
yuki

ゆうき

プロフィール

登録者数2万人のYouTuber/SNS総フォロワー数4万人
HSK6級223点/中国語検定2級
専門分野:中国語の独学/HSK/中国語検定/中国留学
詳しいプロフィールは「運営者情報」をご覧ください。

台湾語は独学で身につけられる?

まず、台湾語は独学で身につけられます。台湾語には文字がないので、中国語に音を当てはめた形で表現します。台湾語と中国語の学び方は少し違うので、台湾語を独学で学びたい方のために、ちょっとしたコツを紹介したいと思います。

【関連】台湾華語と中国語の違いは?発音や漢字の特徴を紹介!

音で覚える

台湾語は筆記用の言語というより、日常会話に使われているので、まずは音だけ覚えるといいです。台湾語の声調は中国語よりも多く、8つあります。声調だけで覚えるのは複雑なので、会話文をそのまま音で覚えるのがコツです。

もちろん、基礎からしっかりと8つの声調を覚えることもいいと思いますので、そんな方用にこちらのサイトをご紹介します。台灣閩南語というサイトは台湾語の発音、声調をピンインで学べるサイトです。音声も聴けるので分かりやすく学ぶことができます。

ピンインではなくひらがなで覚える

台湾語をピンインで表すと長くなり覚えにくいので、おすすめな方法が、ひらがなで書き換えることです。例えば、「請問火車票在哪裡買」の台湾語の読み方をピンインで表すと(tshiánn mn̄g hué-tshia phiò tī tó uī bé)になります。これをひらがなにかきかえると「ちゃもめんほぇちゃぁぴぉぅでぃっどぉぅいんめべ」というふうになります。

ひらがなで書き換えた方がわかりやすくなりませんか?あとは発音を聴いて練習します。ピンインをひらがなに書き換えることがコツです。

言語学習アプリの活用

ある程度基本的な台湾語フレーズを覚えたら、あとは台湾人と実際に会話して、細かい発音などを調整します。ここでおすすめなのが、言語学習アプリです。今やたくさんの言語学習アプリがあります。それらを活用して台湾人と友達になってみてください。台湾語を勉強していると言えば歓迎されること間違いなしです。アプリを使えば台湾人の友達も作れて一石二鳥です。

おすすめの台湾語の勉強法

台湾語は台湾華語に比べて学習者も少ないため、教材や参考書などもそこまで豊富ではないのが現状です。しかし、自分の勉強法次第でしっかりと身につけることができるので、おすすめの勉強法を紹介していきたいと思います。

辞書を使う

まず、辞書を使う勉強方法です。台湾語の辞書は中国語から台湾語を検索するものが多く、多少の中国語能力は必要になりますが、発音が聞けるので発音練習にもなります。辞書にもいろいろありますが、おすすめはiTaigi愛台語です。

台湾語は台湾の各地域でも発音が少し異なるので、一概にこれという定義をするのが難しく、一般的な辞書の台湾語の発音は間違えていることも多々あります。しかし、こちらの辞書は台湾人の投票機能付きで、発音の良し悪しが参考にできるので、合っているか判断しやすくなっています。

YouTubeで学ぶ

次に、YouTubeで学ぶのも大変おすすめです。台湾語を教えている台湾人YouTuberなどを見つけて基礎から勉強するのもいいですし、よく使われる台湾語のフレーズを紹介している方もいるので、気軽にサクッと動画を見て勉強するのもおすすめです。YouTubeのいいところは、発音はもちろん、動画になっているのでシチュエーションをとらえやすく、動画のスピードなども調節できるところです。慣れてきたら、台湾語のアニメなどで勉強するのもいいと思います。ちびまる子ちゃんの台湾語版もあるので、日本人にはなじみがあって良いかもしれません。

音楽で覚える

最後に、音楽で覚える勉強法です。台湾の歌手の中には、台湾語で歌っている曲を出している方も多くいます。声調などは参考にできないですが、歌で覚えれば自然と耳に残るので覚えやすいと思います。また、台湾語の歌を聞いていれば、台湾人との会話の種にもなりますよね。ここで少しだけ台湾語の曲をいくつか紹介したいと思います。心花開-李千娜 こちらは軽快なリズムと「心花開」というキャッチフレーズが印象的な曲です。你啊你啊-魏如萱 こちらは全てが台湾語ではありませんが、リズムがゆっくりなので聴きやすいと思います。他にも台湾語の曲はたくさんあるので、自分のお気に入りを探してみてください。

台湾語を勉強するのにおすすめの参考書

参考書を使って台湾語を本格的に勉強したいという方のために、おすすめ参考書を紹介したいと思います。

台湾語の単語

台湾語の単語を覚えたいという方におすすめなのが台湾語基本単語2000です。こちらは台湾語の基本単語が2000語収録されてます。ある程度台湾語が分かるようになってきて、他にもいろんな単語を知りたい方や、とりあえず自分の身近な台湾語の単語だけ覚えたいという方におすすめです。

文法の基礎

台湾語の文法からきちんと学びたいという方におすすめなのがこちらニューエクスプレスプラス 台湾語《CD付》です。こちらは台湾語の基礎から文法までが収録されているので、台湾語を基礎からしっかりと学びたいという方におすすめの参考書です。

会話練習

台湾語を学ぶ上で最も大切なのが会話の練習です。台湾語を勉強する目的は、現地の台湾人とさらに親密な交流ができるようになるというのがほとんどの方の目的だと思います。台湾語にとって会話練習は、最も効率的で時短な勉強方法だと思います。そんな会話練習のできるおすすめ参考書がCD BOOK 台湾語会話フレーズブックCD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本です。二つとも台湾語と台湾華語が比較できてわかりやすく、シチュエーションも豊富なのでおすすめです。

まとめ

この記事では、台湾語の勉強法について書きました。

台湾語には台湾語ならではの面白さがあります。学ぶのをためらっていた方や、これを機に学ぼうと思った方も、自分のやり方次第でいくらでも勉強できるので、今回の記事を参考に台湾語に挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA