220人にアンケート調査!2022年のおすすめVPNは?

HSK公認テキストは試験に役立つ?6級取得者が各級におすすめの参考書を紹介

HSK公認テキストは試験に役立つ?6級取得者が各級におすすめの参考書を紹介

HSK公認テキストとは、HSKの試験の過去問題をもとに解説されているHSK公式のテキストです。

しかし、世の中にはもっと便利な中国語の参考書がいっぱいありますよね。

そんな本を差し置いて、こんなHSKだけに特化した参考書を使う必要があるの?

そんな疑問に、HSK公認テキストを使って6級を独学で取得した僕が解説します。

中国語の勉強法5選!YouTuberがおすすめする社会人の初心者でも独学できるやり方とは社会人にもおすすめの中国語の勉強法!初心者は何から始めるべき?
この記事の著者
yuki

ゆうき

プロフィール

登録者数2万人のYouTuber/SNS総フォロワー数4万人
HSK6級223点/中国語検定2級
専門分野:中国語の独学/HSK/中国語検定/中国留学
詳しいプロフィールは「運営者情報」をご覧ください。

HSK公認テキストは試験に役立つ?

HSK公認テキストは試験の内容に添いながら中国語の理解を深めつつ、実践的に試験対策ができます。文法や単語を学習できるほか、一回分の模擬問題も収録されています。また、スマートフォンのアプリでリスニング学習ができます。

HSK公認テキストの特徴

HSK公認テキストは、合格するために必要な文法・単語・リスニングが一冊で学習できます。

学習者のそれぞれのレベルにあわせて試験対策ができ、過去問集とセットで使うのがおすすめです。

HSK(漢語水平考試)は中国語のコミュニケーションが問われる検定です。1級から6級まであり、リーディング・ライティング・リスニングで構成されています。

HSK公認テキストと同じような問題が出題される

実際の試験では同じような問題が出題されるので、HSK公認テキストをしっかり学習することが合格に繋がります。

HSK公認テキストは以下のように構成されています。

  • 出題頻度がマークでわかる単語表
  • 過去問に基づいて作られた例文
  • HSKの問題形式に慣れるための練習問題
  • 一回分の模擬問題と解説

このように本番の試験にしっかりと対応しています。

模擬問題は試験と同じ問題数と形式ですので、実力の確認から学習の総仕上げまで行えます。

HSK公認テキストで読解とリスニングを鍛えられる

リスニング音源は、全例文をネイティブの音声で収録しています。無料のアプリをダウンロードすればいつでもどこでも聞けます。オフライン再生や、バックグラウンド再生ができるので便利です。お試し版を聞く場合は「HSK音声ポケット」とアプリストアで検索しましょう。パスワード「0000」ゼロ4つを入力してくださいね。

ちなみに、初級レベルの1、2級はリスニングとリーディングの2構成でマークシート方式です。

中級レベルの3級から記述式の作文が加わります。

1級のテキストではリスニングの基本となる「発音の基礎」や簡単な文法と単語が学べるので、初心者は1級からスタートするのがおすすめです。2、3級を通して基本の文法をマスターし、4級からは豊富な演習を交えながら学習できます。6級のテキストは無く過去問集のみです。

>> HSK公認テキストをAmazonで探す

HSK公認テキストの口コミ・評判

HSKの公式教材は、このHSK公認テキストのみです。他の参考書の数も多くはないので、口コミや評判の数が絞られ参考にしやすいでしょう。下記に良い点と悪い点をまとめました。

HSK公認テキストの良い口コミ・評判

こちらのテキストはどちらかといえば、文法重視の参考書です。ですので、過去問集とセットで試験勉強をしました。テキストをひと通り学習してから過去問集へと移りました。試験対策はテキストと過去問集の2つでバッチリだと思います。文法の説明がよくまとまっておりシンプルで分かりやすく、スマホのアプリでいつでもリスニングの勉強ができて便利です。紙の本ならマーカーなどできる良い点がありますが、Kindle版でスマホひとつで空き時間に勉強しました。

HSK公認テキストの悪い口コミ・評判

公式のテキストだからなのか、ページ数の割に値段が高いと思います。練習問題やユニットごとの解説が少し物足りなく感じました。使用していて一番困ったことは、ピンインの字がとても小さく赤字のため読みにくかったことです。赤シートで隠して勉強できるのは良いアイデアですが、読みづらければ意味がありません。音声アプリもダウンロードが単語だけ聞けなかったり、ダウンロードに手間取ったりしました。

HSK公認テキストの口コミ・評判まとめ

口コミの良い点と悪い点を比べてみましょう。

良い点は下記です。

  • 試験対策は過去問集とセットでしっかり対策できる
  • 文法の説明がシンプルで分かりやすい
  • リスニングアプリで効率よく勉強できる

悪い点は下記です。

  • 値段が高い
  • 解説が物足りない
  • ピンインの字が小さく読みづらい

解説がシンプルなため、物足りなく感じる場合があるようです。また、Kindle版のスマホ学習は便利ですが、字が小さくて読みづらい可能性があるので、購入前にサンプルを試すと良いでしょう。

>> HSK公認テキストをAmazonで探す

HSK公認テキスト(過去問題集)のおすすめの使い方

HSK公認テキストでは文法や単語、リスニングの学習ができましたね。
しかし、試験に合格するために過去問集は必要不可欠なので、本書のおすすめの使い方を紹介します。

HSK公式過去問集は1〜6級まであり、各級に5回分の過去問が収録されています。音声もテキスト同様、無料でダウンロードできます。さらに試験当日の流れや注意事項などの説明もあるため、初めて受験する方でも安心です。

アプリを有効活用する

過去問と聞くと、学生時代や受験を思い出す方もいますよね。しっかり勉強しなくては!と意気込むのも素晴らしいですが、アプリを有効活用して空いた時間に勉強するのもおすすめです。無料のアプリで音声を聞き流して、耳を慣れさせればリスニング対策になります。試験日までのプランを立てることもおすすめですよ。学習が習慣化すると、楽な気持ちで取り組めますよ。

自分の弱点を見つける

過去問は解いたら終わり、それではもったいないです。解いたらすぐ答え合わせをして、解答・解説をよく理解しましょう。間違えた箇所に付箋やマーカーで印をつけるのもおすすめです。自分の弱点がわかり、復習に活かせます。さらに印をつけた設問をノートにまとめ、自分だけの問題集を作るのもよいでしょう。印をつけたい場合は、紙の本でないといけませんので注意してください。また繰り返し解くことを考えて、答えを直接書き込むのはおすすめしません。

時間配分に慣れよう

5・6級では長文問題が出題されます。聞き取り・読解・作文と制限時間があるため、時間配分に慣れることが大切です。過去問を繰り返し解き、形式や時間に慣れていきましょう。本番をイメージして練習すればより効果がでますよ。もし時間内に解けなくても、そこで終わらずに解ききりましょう。超えてしまった時間を記録していけば、成長を確認する目安になります。時間外に解いたものは採点に含めず、解説やテキストで復習します。解き方のポイントも載っているので活用しましょう。

>> HSK公認テキストをAmazonで探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA