資格試験

中検3級。勉強時間と合格率を上げる5つの方法

中検3級。勉強時間と合格率を上げる5つの方法-
中国語検定3級は就職でも通用する実用的な資格ですが、勉強時間が多くかかることや合格率が低いことで学習方法に悩む方も多いようです。

中国語検定3級は、中国語検定の中で、いちばん受験者の多いレベルです。

それだけに、勉強方法や合格率が気になる人が多いようです。

中国語検定3級に合格すれば、中国語ができると胸を晴れます。

中国語検定は日本でいちばん知名度のある資格なので、3級の力は大きいですよ。

このページでは、私が中国語検定3級を1ヶ月の対策で合格した方法を紹介します!

中国語検定3級で必要な勉強時間の目安

中国語検定3級は初級の卒業ラインです。

この資格は、中国語の基礎ができることを示します。
勉強時間について、全くの初心者でも100時間あれば十分です。

中国語検定3級の問題は簡単です。
ポイントを押さえて勉強すれば合格できます。

ここでは中検3級のポイントを理解することに重点をおきます。

中国語検定3級のポイント

中国語検定3級は中国語の試験のなかで中級レベルに位置します。

中検3級は文型問題が重要

中検3級の最も核の部分です。
初めて目にする文型もあるかと思います。

嫌というほど出題される分野ですので、ここは集中的に勉強しましょう。

リスニングは慣れる

意外にもリスニングの難易度は高いかもしれません。
私は試験1か月前に初めて中検3級のリスニングCDを聞きました。

その時は、

『はや!こんなん無理や!』

と思いましたが、CDを聞くこと1か月。
本番では満点でした。

実は、リスニングで聞こえる単語にもポイントがあります。
中国語検定3級では、中国語に慣れることに成功すれば乗り切れます。

中国語検定3級の単語レベルは高くない

中検3級ではそこまで単語を重視しなくていいです。

中国語の漢字は日本語から予測できるし、単語も難しくありません。
サボってはいけないけど、それよりも文法の確認に重点を置きましょう。

単語は、過去問や参考書を見て知らないものをチェックする程度でOKです。

単語を覚えるときは、オリジナルの単語帳を作りながら勉強するとモチベーションが保てるのでおすすめですよ。

中国語検定3級の合格点と合格率

合格点は、勉強時間を考えるときに非常に気になるポイントですね。
幸い、中検3級の合格点は2級や1級に比べると低いです。

あなたはこの合格点と合格率をみてどう思いますか?

リスニングの合格点65点

まずは耳を慣れさせることです。中国語のリズムに慣れることができれば、そう難しいものではありません。
不合格になるのはリスニングが足りないパターンが多いです。

中国語検定3級の山場です。

筆記の合格点65点

基本文型の理解に尽きます。覚えるだけで点数が上がるので、筆記についてはあまり悩む必要がないでしょう。

中検3級で勉強時間を半分にする5つのポイント

では早速
中国語検定3級に合格できる勉強方法をご紹介します。

中検3級攻略のポイント
  1. 試験問題を理解する
  2. 参考書を選ぶ
  3. 文型をまとめる
  4. リスニングは聞きまくる
  5. 単語を覚える

中検3級の過去問から試験問題を理解する

まずは過去問を解いてみましょう。
リラックスして、今の自分のレベルを見るだけで大丈夫です。
過去問は日本中国語検定協会からご覧いただけます。

過去問を解き終わったら、問題構成を確認しましょう。
現時点では何点でも良いです。

問題の雰囲気をつかめたらOKです。

中検3級の参考書で勉強時間を効率的に

中国語検定3級の場合、参考書のバラエティは非常に豊富です。
また、ネットにも有益な情報が出回っているため、悩むことは少ないです。
しかし、それに便乗して質の低い教科書を売り込んでいる業者もあり、簡単に信用してはいけません。

ここでは私のお勧めする参考書を3つ紹介します。

  1. 参考書選びのポイント
  2. 中検3級で最も重視すべき特化項目
  3. 中検3級受験に使えるグッズ

キクタン中国語【初中級編】中検3級レベル


これは鉄板ですね。キクタンはどのレベルにおいても非常に質の高い教科書です。
基本的な単語を発音と共に学習できるため、リスニングや発音問題にも効果的です。

出るとこだけ! 中国語検定 3級 合格一直線


私が一番使っていた参考書です。

この本は、中検3級ポイントをしっかり抑えているので、自分でまとめ直さなくても理解しやすいです。
少ない勉強時間で効率よく勉強したい人には真っ先におすすめします。

改訂版 合格奪取! 中国語検定3級トレーニングブック


この組み合わせです。これが最強です。
この著者は中国語検定対策としてかなりの実績があるため、本当に信頼して良い方です。

中検3級の基本文型をまとめる

中検3級の最もポイントになるトピックです。

中学英語ができれば英語の基礎は大丈夫だと言われるように
中国語検定3級の文法がわかれば、中国語は読めます。

文型をまとめる方法はいくつかあります。

オリジナルノート
中国語検定2級オリジナルノート内容

このように知らない単語のみをノートに書いていきます。

このノートは本当に使いやすいです。
中国語、ピンイン、日本語、と書き並べられるので学習効率が非常に高いです。

リスニングは聞きまくる

中国語検定3級では、リスニングに苦しむ方が多いと思います。

中国語には日本語に無いリズムがあります。
そのリズムに慣れることで、驚くほど聞き取れるようになります。

私は参考書のCDをwalkmanに入れて聞いていました。
最初こそ聞き取りに苦労して5割ほどでしたが、一週間もすれば8割超えの点数が安定していました。

音読をするのも一つの方法ですが
一人でやると変な癖がつくのでおすすめしません。

実は、たくさんリスニング練習をするだけでも発音が良くなります。
もちろん発音練習は必要ですが聞くことが発音にも影響します。

頻出単語を覚える

最後に単語を確認しましょう。
中国語検定3級の単語は難しくないです。

文法同様に、自分でノートを作るのが良いですね。
中国語検定3級の単語数は多くないので、毎日少しずつ頑張りましょう。

私のおすすめは新単語を含めた文章を作ること

中国語検定3級では、正しい文章を見分けることに重点が置かれます。

文章語と覚えていたほうが、感覚も研ぎ澄まされて良い成長が期待できます。

中国語検定3級の勉強法まとめ

中国語検定を持っている大学生って意外と少ないんです。

日本の数十倍以上の市場規模を持つ中国とのコミュニケーションができる人材は確実に必要とされます。

中国語検定3級は中国語の基礎ができることの証明になるため、企業に入ってから勉強すれば中国出張の時などはエース級の扱いを受けるでしょう。

中国との関わりが大きい企業では中国語検定2級は欲しいです。3級ではちょっとインパクトが弱いかなと思います。

ただ、ほとんどの日本企業では中国語検定3級を持っていると好感度が上がり、就活ではもちろん、年齢的にハンデのある転職活動でも有利になるようです。

中国語検定3級は、十分に自分の中国語能力を証明できるレベルです。

ぜひ試験勉強頑張ってくださいね!

以上、「中国語検定3級で勉強時間を大幅カットする5つの勉強法」でした!

\YouTube始めました/

yukiのYouTubeチャンネルへ

中国語の勉強法をより詳しく紹介します

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。