中国語のおすすめ参考書50冊をガチレビュー

【比較】中国語検定4級のおすすめ参考書5選 | 過去問や単語に特化した本は?

【比較】中国語検定4級のおすすめ参考書5選 | 過去問や単語に特化した本は?

この記事のまとめ
  • 文法の参考書を選ぶ
  • 参考書は1冊だけでOK
  • ノートと辞書があればさらにGood!

\目的別おすすめ参考書/




中国語検定4級は、中国語検定の初級レベルの試験です。

数あるテキストからどうやって自分に合うテキストを選べばいいのか分からない人も多いですよね。

中国語検定4級で出題される範囲は「中国語の基礎分野」です。そのため、対策テキストを選ぶ際はできるだけ詳しい解説が載っている本を選びましょう。

すでに大学や独学である程度の学習時間を費やしている人にとってはここで紹介している実践問題を数多く解くテキストで対策していくことをおすすめします。

この記事では、中国語検定4級に合格できるおすすめの参考書と、その選び方を紹介します。

さらに合わせて、中検4級の勉強効率をあげるおすすめのアイテムもありますので、気になったものはぜひ手に取って試してみてくださいね。

\おすすめNo.1/


中国語検定4級を最短で合格する勉強法を紹介!中国語検定4級を最短で合格する勉強法を紹介!

中国語検定4級に合格できる3つの勉強法を具体的に紹介

この記事の著者
yuki

ゆうき

プロフィール

登録者数2万人のYouTuber/SNS総フォロワー数4万人
HSK6級223点/中国語検定2級
専門分野:中国語の独学/HSK/中国語検定/中国留学
詳しいプロフィールは「運営者情報」をご覧ください。

中国語検定4級の参考書の選び方

まずは、中国語検定4級の参考書を選ぶポイントを紹介します。

中国語検定4級の本はいろいろありますが、以下の3つのポイントに沿って選んでみましょう。

  1. 文法重視のものを選ぶ
  2. 直感で好きなものを選ぶ
  3. ノートも準備する

文法重視のものを選ぶ

中国語検定4級の参考書では、文法を解説している本を選ぶのがおすすめです。

実は中国語検定というのは、読み書きを重視した試験です。
だから、文法と単語の勉強が、合格にもっとも近づく勉強となります。

中国語検定4級では、中国語の初級文法がぎっしり詰まっているので、この参考書をマスターすれば、中国語の初級は卒業ですよ。

直感で好きなものを選ぶ

中国語検定4級の参考書は、実は内容にほとんど差がありません。

細かい言葉遣いや、イラストに違いはあれど、紹介している文法・単語はほとんど同じです。

yuki

初級の本は似ているものが多い!

なぜなら、中国語検定4級は初級レベルなので、重要ポイントがそこまで多くないからです。
その限られたポイントを同じくらいのページ数で解説すれば、だいたい同じような解説書ができあがります。

なので、どの本を選んでも、基本的に勉強する内容に変わりはありません。

だから、パッと本を見て、直感的に好きだなと思うデザインの本を選びましょう。

いいデザインだとモチベも上がるよね!

この本を使い倒すぞ!

ノートも準備する

中国語検定4級の勉強をするときは、参考書と一緒にノートも準備しましょう。

参考書ではいろんな文法が紹介されます。

その中には、知っているものもあれば、知らないものもあります。

知らないものが出てきたら、ノートにメモする。
そうするとそのノートは、自分だけの最高の復習ノートになります。

おすすめの単語帳の中身

yuki

中検に合格した後も宝物になるよ!

特におすすめなのが、この折りたためる単語ノート。

ポケットに入れて持ち運べるのでいつでも復習できるし、きれいに整理して書けるのでおすすめです。

\おすすめノート/


↑目次に戻る

中国語検定4級のおすすめ参考書

中国語検定4級のおすすめ参考書は、以下の5冊です。

  • 合格奪取! 中国語検定 4級 トレーニングブック
  • MP3音声付き 出るとこだけ!中国語検定4級 合格一直線
  • 絶対合格!中国語検定4級・準4級頻出問題集
  • 中国語検定対策4級問題集
  • Whyにこたえるはじめての中国語の文法書

合格奪取!中国語検定4級トレーニングブック

メインジャンル文法解説
試験に出やすさ★★★★★
収録問題数240ページ/700問以上/模擬試験1回分/CD付き
解説のくわしさ★★★★★

トレーニングブックシリーズは、中国語検定の参考書として、各級の学習者にとても人気の本です。

総合型テキストの中でも中検受験者に人気のある「トレーニングブックシリーズ」で、中国語検定4級に出題される内容を網羅的に詳しく解説しています。本書に掲載されている問題は700問以上になり、問題を解くごとに解説を見ながら理解を深め、実力をつけられる構成になっています。付属しているCD内に収録されている音声はダウンロードでき、スマホなどに取り込むことで通勤時間のスキマ時間に効率よく学習できるようになっています。

中国語検定対策テキストとして人気のあるトレーニングシリーズは実践問題を積み重ねていく形式なので、中国語学習の基礎をある程度は理解している人向けのテキストになります。そのため、中国語を全く触れたことがない人にとってはおすすめできません。

あくまでも試験対策用のテキストとして考えておきましょう。この参考書では、たくさんの問題を解いていく実践形式で、それを後からしっかり解説で復習できる構成になっています。

特に、重要ポイントがしっかりまとめられていて、多すぎず少なすぎずの解説なので勉強しやすいのが特徴です。

どの参考書がいいか迷ったら、「中国語検定4級トレーニングブック」で間違いナシですよ。

\おすすめNo.1/


↑おすすめ参考書へ戻る

MP3音声付き 出るとこだけ!中国語検定4級 合格一直線

メインジャンル実践問題
試験に出やすさ★★★★★
収録問題数216ページ/800問以上/模擬試験1回分/CD付き
解説のくわしさ★★★★

実践形式で中国語検定4級の勉強ができる参考書です。

この本では、中国語検定4級に必要な初級の知識をしっかりと詰め込みつつ、さらにその中から試験によく出る部分を強調して解説していくれるので、勉強のポイントを絞り込みやすいです。

試験1ヶ月前から直前の追い込みをしたい!という人は、この参考書がベストです。

↑おすすめ参考書へ戻る

絶対合格!中国語検定4級・準4級頻出問題集

メインジャンル全般
試験に出やすさ★★★
収録問題数192ページ/模擬試験各級1回分/CD付き
解説のくわしさ★★★

中国語検定準4級から4級までの勉強ができる参考書です。

広い範囲をカバーしているので、ひとつひとつの分野の説明はシンプルですが、必要なものはきちんと書いているので、バランスの良い勉強ができます。

この参考書では、準4級の内容から復習できるので、4級にはちょっと自信がないなという人や、じっくり基礎から固めたい人にはおすすめです。


↑おすすめ参考書へ戻る

中国語検定対策4級問題集

メインジャンル文法解説
試験に出やすさ★★★★★
収録問題数185ページ/過去問/模擬試験/単語リスト/CD付き
解説のくわしさ★★★★

実際の過去問を使って文法解説をしてくれる参考書です。

この参考書では、ただ過去問を載せているだけではなく、どのようなポイントが狙われているのかまで教えてくれます。

それを元に文法をまとめ、練習問題でチェック、最後には模擬試験で実践練習という構成になっていて、中国語検定4級で問われる初級文法をしっかりと勉強できる内容になっています。

その代わり、デザインはシンプルな本になっているので、モチベのアップダウンが少ない人、ビジュアルに対するこだわりが少ない人におすすめです。


↑おすすめ参考書へ戻る

本気で学ぶ中国語

メインジャンルピンイン・基礎文法
試験に出やすさ★★
収録問題数495ページ/CD4枚付き
解説のくわしさ★★★★★

この参考書は中国語検定4級のための本ではなく、中国語の初級を勉強するための教科書です。

そのため、中国語検定4級の内容を解説してくれるわけではありませんが、中国語の初級の本質的な勉強ができます。

中国語検定4級の試験に合格することを目標としてこの参考書を購入するのはあまりおすすめできませんが、他の参考書とあわせてこの本を使うのは良い方法です。

↑おすすめ参考書へ戻る

中国語検定4級の過去問

中国語検定4級には、過去問があります。

過去問をしっかり勉強することで、中国語検定4級の問題を理解できます。

過去問の使い方

中国語検定4級の過去問は、文法と単語の勉強をした後に練習するのがおすすめです。

過去問をメインとした参考書では解説が充実していないことが多く、文法の知識が足りていない状態だと、ちょっと混乱してしまうかもしれません。

中国語検定の問題形式になれるためにはとても良い練習になるので、本番前に1回は解いておきましょう。

中検ホームページ

中国語検定のホームページでは、過去10回分の過去問が公開されています。

リスニング音源と解説がないのが残念ですが、無料でこれだけの内容を見れるのはお得ですね。

過去問から繰り返し出題される問題もよくあるので、ぜひ過去問はできるだけチェックしてみましょう。

中検4級試験問題2021解答と解説

メインジャンル文法解説
試験に出やすさ★★★★★
収録問題数112ページ/過去問3回分/音源DL付き
解説のくわしさ★★★

2021年の過去問3回分と、その解説が載っている参考書です。

先ほどの中検のHPでは無料で問題を見れるのですが、解説が一切ありません。
一方、この参考書では実際の問題をプロが解説してくれるので、かなり本番に近い練習ができます。

さらに過去問から似た問題が出題されることもよくあるので、ちょっと裏ワザ的な点数の取り方もできてしまいます。

とはいえ、本質的な文法の勉強では「トレーニングブック」の方が詳しいので、まず基本の勉強が終わった後に取り組むのがおすすめです。

Whyにこたえるはじめての中国語の文法書

総合型テキストだけでは少し不安と感じる人のためには、中国語文法の99%以上をカバーできると言われている『Whyにこたえるはじめての中国語の文法書』がおすすめです。本書の特徴は日本人にとって疑問に感じるポイントが詳しく書かれている点です。中国語学習者の中でも初級者~中級者まで幅広い人のバイブル本として定番の文法解説書となっており、中国語検定4級に限らず、3級以上の対策用テキストとしても使えます。

↑目次に戻る

中国語検定4級の単語帳

中国語検定4級では、中国語の初級単語が出題されます。

この対策として、中国語検定4級に特化した参考書を使うのはおすすめです。

耳タン 中国語[単語]初級/中検4級レベル

メインジャンル単語
試験に出やすさ★★★★★
収録問題数736語/CD付き/3時間54分
解説のくわしさ★★

耳で覚えることを重視した単語帳です。

中国語検定4級の範囲となっている初級の中国語単語を聞き流すことができます。

テキストを使えば、文字を見ながら音声を聞くことで、単語の意味と発音を一緒に覚えることができます。

中国語検定4級ではリスニング試験もあるので、音と意味をリンクさせるのはとても大事です。

ただ、中国語検定4級では統計上、そこまでリスニングに苦戦する人が多いわけではなく、それよりも筆記問題(文法)で不合格になるパターンが多いため、「トレーニングブック」などで文法の勉強をした上で使うのがおすすめです。

キクタン中国語【初級編】中検4級レベル

メインジャンル単語
試験に出やすさ★★★★★
収録問題数588語/CD付き/td>
解説のくわしさ★★★

単語といえば、キクタンですね。

キクタン初級では、中国語検定4級とHSK2~4級の範囲の単語をまとめています。

単語力を鍛えるなら、中国語学習者にも人気があるキクタン中国語【初級編】中検4級レベルがおすすめです。中検4級に必須とされる単語だけでなく、HSK2級~4級の範囲もカバーしており、588語の単語を厳選した内容になっています。1日の学習語彙量を12語にしており、7週間のスケジュールで無理なく達成できる構成になっています。

さらにキクタンでは、リスニングCDを使うことで目と耳を両方を使って勉強することができます。
キクタンは、こちらのアプリで音声を保存して聞き流しすることができます。

ALCO for ダウンロードセンター

 

ALCO for ダウンロードセンター

ALC PRESS, INC.無料posted withアプリーチ

単語帳として圧倒的な人気を持つキクタンは、中国語検定4級の単語の勉強におすすめです。


↑目次に戻る

参考書選びに困ったら

ここで紹介しているテキストを難しいと感じるのなら、中国語学習の入門用から始めてみましょう。入門用テキストを買うときは文法やリスニングなど、分野に特化した内容ではなく、中国語全体をカバーしている総合型テキストを選びます。

例えば、『新ゼロからスタート中国語』は文法編と書かれていますが、内容は中国語の発音や文法を含む基礎を網羅している構成になっています。最初から分厚い参考書を買ってしまうと挫折してしまいがちです。本書は初心者にも見やすい構成になっており、付属しているCDの音声もゆっくりと話すので無理なく続けられるでしょう。

中国語学習に不安を感じる人はまずは入門用の総合テキストから始めてみてはいかがでしょうか。

中国語検定4級受験者におすすめの辞書

中国語検定4級の勉強には、ここまで紹介した参考書を使いましょう。

ここからは、中国語検定4級の勉強で一緒に使ってほしい僕のおすすめアイテムを紹介します。

先ほど書いたように、中国語検定4級の勉強では文法が重視されます。
その文法の勉強と一緒に使うべきなのが、辞書です。

辞書を使うことで疑問に思ったことをすぐにその場で解決できるので、学習効率が一気にあがります。

電子辞書エクスワード

中国語の初級者におすすめの辞書は、電子辞書です。

電子辞書のメリットは、以下の3つです。

①中国語以外の情報をシャットアウトできる
②初級単語を発音付きで調べることができる
③手書き入力もできる

電子辞書は、手書き入力もできるので、ピンインのわからない単語を調べたいときも一瞬です。
参考書で勉強しているときは、本の文字をコピペができないので、このような手書き入力のできる辞書はとても便利です。

さらに僕が一番よかったと思うのは、中国語以外の情報をシャットアウトできることです。

スマホではSNSの通知、仕事のメールなどがよく来るのに対して、電子辞書は中国語以外の情報に触れる必要がありません。
よくて旅行のコラムをぼーっと眺めるのが、サボりの限界です。

本気で中国語を勉強するなら、必要なものを惜しまず使うことが上達のポイントだと僕は感じています。

もちろん電子辞書を使えば誰でもすぐに中国語が上達することはありませんが、電子辞書は確実に中国語の勉強を支えてくれる存在です。

中国語に電子辞書は必要?答えは「おすすめ」です【2020最新】【使ってよかった】中国語のおすすめ電子辞書BEST3(2022年9月) | 無料派だった僕が必要性を感じた理由

確実に合格したいなら中国語教室を活用する

中国語検定4級にどうしても合格しなければいけない人は、中国語教室を活用するのもおすすめです。

仕事で中国語が必要な方は特に、中国語教室に通うことも多いです。

・趣味で中国語をのんびり上達させていきたい人→中国語教室

・仕事上中国語が必要で、絶対に上達しなきゃいけない人→コーチングスクール

中国語教室では、中国語検定4級にぴったりのオリジナルテキストがもらえる上、プロの講師からマンツーマンでレッスンを受けることができます。

中国語検定4級なら高い合格率でサポートしてくれるスクールが多いので、どうしても合格しなければいけない人はぜひ探してみてくださいね。

【関連記事】おすすめ中国語教室23校を完全比較!オンラインスクールやコーチング塾の選び方

中国語検定4級の参考書まとめ

この記事では、中国語検定4級のおすすめ参考書について紹介しました。

中国語検定4級は初級レベルの中国語ができることを証明する試験で、中国語の基礎文法をまとめている参考書が一番おすすめです。

特に「合格奪取!中国語検定4級トレーニングブック」は人気も実績もあるおすすめの参考書なので、ぜひ使ってみてくださいね。

中国語検定4級の勉強頑張ってくださいね!良い結果が出ますように!

\おすすめNo.1/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA