220人にアンケート調査!2022年のおすすめVPNは?

聴読中国語のレビュー!単語学習に使ってみたら最高の教材だった

聴読中国語の評判とレビュー!上級者むけリスニング教材の使い方

  • 聴読中国語は中検準1級まで対応できる豊富な単語数を収録
  • 付属のCDを使ってリスニング力を鍛えられる
  • 実践的な単語学習で覚えやすい
  • 難易度は高いため中級者以上におすすめ(中検2級/HSK5級〜)

聴読中国語は、中国語検定2級レベル以上の単語が学べるおすすめの中国語の参考書です。ジャンルとしてはリスニングの教材で、本の構成もCDで聞くことを前提としています。

しかし、聴読中国語に登場する単語がすごく良いんです。中級者のレベルをぐっと引き上げてくれます。

単語が難しすぎて有名な中国語検定2級。僕がそれに合格できたのは、紛れもなく聴読中国語のおかげです。今まで中国語の勉強をしてきた中でもトップクラスに好きな本です。

この記事ではそんな聴読中国語の魅力をたっぷり紹介します。

ゆうき
ゆうき

上級を目指すなら必須の1冊!

この記事の著者
yuki

ゆうき

プロフィール

登録者数2万人のYouTuber/SNS総フォロワー数4万人
HSK6級223点/中国語検定2級
専門分野:中国語の独学/HSK/中国語検定/中国留学
詳しいプロフィールは「運営者情報」をご覧ください。

聴読中国語のレベルとを読むべき人

中級から上級までのレベルをカバーした、幅広い学習者層にフィットする内容になっています。単語とともに基本構文や読解も学べるので、貪欲に学びたい人に手に取ってもらいたい本です。

聴読中国語の特徴

約4,800語と圧倒的な単語の収録数を誇ります。内容はHSK6級レベルまでカバー。HSK6級は中国政府公認の中国語検定であるHSKの最高難易度です。

6級の単語出題範囲は5,000語ですので、ほぼ網羅されています。中国語検定でいうと2級から準1級レベルです。ページに単語が羅列されている単語帳とは違い、長めの文章から単語を取り出してその意味を学んでいくスタイルになっています。

単語の使用頻度に応じて甲(旅行や日常会話)、乙(中級レベル)、丙(留学できるレベル)、丁(上級レベル)の表示がついているので、自分のレベルに合わせて必要な単語を学習していくこともできます。

出てきた単語と関連付けて別の単語を覚えられるような工夫もされています。「聴読」というだけあり、付属のDVDでリスニングのトレーニングもできます。中級以上の中国語学習者なら持っていて損はない一冊です。

聴読中国語は(中級者)におすすめ

この本はある程度長さのある文章を読み進めながら学んでいきます。ですので、中国語の基本的な文の構造を理解していない、最低限の語彙が身についていない人は、まず文章を読むところでつまずいてしまいます。

また、ピンイン(漢字の読み方をアルファベットとアクセントで示した発音記号。日本語の漢字のふりがなのようなもの)が振られていません。

中国語を学習する際、最初は漢字の読みが分からないため、漢字とともにピンインが併記されている本が多いです。ピンイン表記のない本書は入門レベル、初級レベルの人にはハードルが高く、中級レベル以上の人におすすめします。

聴読中国語は単語と文法・リスニングの勉強におすすめ

聴読中国語は、リスニングをメインとした教材ですが、加えて単語と文法も学べる本です。

聴読中国語では文章をもとに単語の解説がされており、実際の用法に基づいて単語を学ぶことができます。

単語を覚えるとき、丸暗記は非常に効率が悪く、単語だけを覚えようとしてもなかなか記憶に残らないものです。この本では、「この単語はあの文でたしかこういう意味で使われていたな」と、単語プラス、使われていた文脈をセットで学ぶことができます。

中心に描かれた人物とその背景とを合わせて、額縁の中の一つの絵画として記憶するイメージです。同時に、文章を読むことによって基本構文や文法、読解の力をつけることもでき、効率的に学習できます。

以上のように、聴読中国語を使って文法の勉強をすることもできます。

聴読中国語の口コミ・評判

この本を使って学習した人がどのような感想を持ったか、良い評価、悪い評価を見てみましょう。

聴読中国語の良い口コミ・評判

  • ピンイン表記がなくて単語の学習に集中できるので、ひととおりピンインをインプット済みの自分には合っていた。
  • 漢字を見て意味を推測しにくい単語が太字、赤字となっていて非常に分かりやすいと思う。日本語と同じ意味の単語は飛ばすことができるので効率的。また、単語の難易度が表記されているので、自分のレベルに合った単語だけを追いかけられる。
  • 巻末についている語彙索引がよかったです。辞書を引かなくても発音、ピンインを確認できました。
  • 新書サイズのコンパクトな本なので、持ち運びに便利。カバンに入れておいて、電車の中などで勉強しやすい。

聴読中国語の悪い口コミ・評判

  • 文章の内容が若干古く感じます。当たり前ですが、スマホやSNSに関連した新しい言葉や時事的な単語は載っていないため、物足りなさがあります。
  • 中国語初級レベルの自分には、文を読むのがむずかしすぎた。歯が立たなかったので、もう少し勉強して基礎をかためてから使うのがよさそう。
  • ピンインが書かれていないため、漢字の読みがある程度頭に入っていないとDVDを聴いてもちんぷんかんぷんになってしまい、使いこなせないと思う。自分のような初級の人にはハードルが高すぎるので、おすすめしない。

聴読中国語の口コミ・評判まとめ

総じて高評価で、単語だけではなく構文や読解など中国語をトータルで学んでいける点が非常に高く評価されています。初版から10年以上たっていますので内容が古いのは仕方がないですが、新しい言葉はインターネットで調べられますよね。

聴読中国語のおすすめの使い方

中級から上級までのレベルを網羅した内容になっています。自分のレベルに合わせて学習を進めましょう。DVDを使ってリスニングとシャドーイングをするのもおすすめです。

自分の目指すレベルに合わせて使いこなす

各単語の使用頻度、難易度に応じて甲、乙、丙、丁の4段階の表示があるので、自分が目標とするレベルに合った単語だけを学んでいくことができます。また、基本的に、本の後半に行くほど文章がむずかしくなっていきます。

最初からすべてマスターしようとせず、自分のレベルを見極めて進めていくのがよいです。

付属のCD(音声)を聞き流してリスニング力を鍛える

ピンインなしで文を音読できるまで数ページ分を繰り返し聞き、シャドーイング(リスニングと同時に自分も発音する)するとよいトレーニングになります。自分がここと決めたページを、暗記してしまうくらい徹底的に聞きましょう。こうして頭に叩き込んだ発音や構文、単語がいつか必ず役に立ちます。

DVDは収録時間が8時間ととても長いので、ひととおり聞くだけでも骨が折れます。部屋にいるときなどに聞き流して、中国語の発音に耳を慣らす使い方もよいでしょう。

まとめ

この記事では、「聴読中国語」について書きました。

上級レベルになると単語が覚えづらく、さらに覚えた単語をどのように使えばいいのかも想像しづらくなりますよね。

そんなときは、例文を使いながら暗記をしてみましょう。例文を使うことで単語を実践的に使う力も鍛えられるため、しっかりと頭に定着させることができます。聴読中国語は文章を中心として単語の解説がされているため、このような勉強にぴったりです。

聴読中国語は上級者に大人気で、上級を目指すなら必須の一冊とも言える実績のある本です。ぜひ実際に手に取って試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA