220人にアンケート調査!2022年のおすすめVPNは?

本なら読んでほしい!「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」の評判とレビュー!

本気なら読んでほしい!「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」の評判とレビュー!

この記事でわかること
  • 「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」は中級者向け
  • 発話スピードを重視した学習方法で、中国語で会話するときの瞬発力を鍛えられる
  • CDの発話スピードが速いが、食らいついて反復練習すると会話力が格段にアップする

「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」は、本気で喋れるようになりたいと思って中国語を勉強している人におすすめです。

初心者産向けの中国語の参考書としてはおすすめすることができませんが、中級者以上が使うのにはおすすめできます。

本気で中国語を上達させるために使う、本気の参考書「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」。

ぜひその魅力を感じてください。

この記事の著者
yuki

ゆうき

プロフィール

登録者数2万人のYouTuber/SNS総フォロワー数4万人
HSK6級223点/中国語検定2級
専門分野:中国語の独学/HSK/中国語検定/中国留学
詳しいプロフィールは「運営者情報」をご覧ください。

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800のレベルとを読むべき人

この本は、HSK4級に合格できるくらいの中級レベルの人に向いています。すなわち、約1,200語の語彙力があり、基礎文法ができているレベルです。このレベルになると、「ある程度長い文も読めるけれど、会話になるとどうしても言葉に詰まってしまう」といった悩みにぶつかる人が多いです。この本では、発話を重視して学ぶことができます。本気でしゃべれるようになりたい!会話が続けられるようになりたい!そんな人はぜひ使ってみてください。

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800の特徴

筆者は現役の中国語通訳です。本書はシャドーイング、リピート、音読など、通訳者ならではの、声に出して練習することを重視した構成となっています。実際の会話につながる実践的なフレーズが800組、収録されています。

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800は(中級者)におすすめ

この本は、中級以上の学習者におすすめです。全800話のうち、1~600話が初級向け、601~800話が中級向けの内容です。例文として掲載されているフレーズはそれほどむずかしくはありません。

しかし、付属CDの発話スピードがネイティブスピーカーのスピードに近く、他の教材と比べると相当早いです。会話文を読んで意味が分かるから大丈夫だろう、と思って学習を始めてみると、途中で匙を投げることになるかもしれません。

初級向けの会話はピンインがなくてもすらすら音読できる人、ネイティブスピーカーの中国語の聞き取りがある程度できる人なら、この本でさらに中国語のスキルを上げることができるでしょう。

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800は(会話)の勉強におすすめ

著者が現役通訳者というだけあり、語学学習の4つの柱である、「話す」「聴く」「読む」「書く」のうち、「話す」と「聞く」に重きが置かれています。本の表紙を見ても分かるとおりです。

中国語で「説」は「話す」、「听」は「聞く」の意味ですね。話せるようになるためにはまず、聞くことから始めなくてはなりません。付属のCDを繰り返し聞いて、ネイティブスピーカーの発音、発話のスピードに耳を慣らすことから始めましょう。「聴く」ことに集中していなくてもよいのです。

何か別のことをしながら、音楽を聴く代わりに中国語のCDを聴くだけでも十分効果があります。語学学習はむりなく、でもできるだけ多く、日常生活にその言語を溶け込ませるのがポイント。自分がその言語に自然と触れる機会を作ることが成功への道です。

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800の口コミ・評判

実際にこの本を使った人の感想や口コミ・評判を見てみましょう。

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800の良い口コミ・評判

  • 中国語の学習では、発話・発音が本当に大事だと痛感しています。ただ文法を覚えて長文を読めるようになっても、会話ができるかといったら、全然できないと思います。この本は会話重視なので、そこを強化できると思います。
  • 長文読解よりも、とにかく短文を暗記して何度も声に出すのが大事だそうです。この本を買って、とても納得がいきました。これまでシャドーイングはしたことがなかったのですが、実際にやってみると、同じスピードが速くてむずかしいです。たしかに力がつくような気がします。
  • 例文が教科書に載っているような文とはちがう。よい意味で、本物の中国人同士の会話のような、生き生きとした会話文だなと思う。実際に中国人としゃべるときに、瞬発力、反射神経というのか、ぱっと自然な切り返しができるようになった。

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800の悪い口コミ・評判

  • 日本語訳が直訳ではなく、かなり意訳されているなと感じるところがあります。それなりに中国語を読める読解力がないと、原文と日本語訳を照らし合わせるのにとても苦労しました。それだとリスニングやシャドーイングどころではなくなってしまい、もう少し勉強してから買えばよかったと思いました。
  • 出版されてからだいぶたっているので仕方ないかもしれませんが、文章の内容が古臭く感じます。
  • 筆者は語速を挙げることが大事と主張されていますが、通訳を目指す人でなければ、そこまでスピードにこだわる必要はないのかなと思います。

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800の口コミ・評判まとめ

声に出して練習することがいかに大切か、よく分かる内容です。本気でしゃべれるようになりたい人におすすめです。

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800のおすすめの使い方

筆者がおすすめする方法で学習してみましょう。逐次訳練習、同時通訳練習で日本語を言うときは、通訳者になりきってみましょう。

リピート練習(中国語)

CDを聴いて、リピートする(後れてフレーズを言う)練習です。1つ1つのフレーズが短く、意味もむずかしくないので、リピートはそれほど大変ではないはずです。発音に注意しながら言ってみましょう。慣れてきたらシャドーイング練習に進みます。

シャドーイング練習(中国語)

CDを聴いて、ほぼ同時にフレーズを言います。遅れることなくすぐ後にくっついていくイメージです。CDの発話スピードがかなり速いので、最初は同じスピードでシャドーイングするのはとても大変です。しかし語学学習は反復練習がものをいいます。何度も何度もCDを流して、後れずにシャドーイングできるように練習してみてください。だんだん、口をついて中国語のフレーズが出てくるようになり、手ごたえを感じられます。

逐次訳練習、同時通訳練習(日本語)

逐次訳練習では、CDを聴いてから後れてフレーズの訳を言います。訳を言う、ということは日本語を言うわけです。それが中国語の会話の練習になるのか?と疑問に思う方もいるでしょう。実はこのような瞬間翻訳は、中国語の発音と日本語の意味を頭の中ですばやく結びつけるトレーニングになります。

同時通訳練習は、CDを聴きながら、ほぼ同時にフレーズの訳を言います。これぞまさに同時通訳者ですね。中国語のフレーズを聴いたそばから、畳みかけるように日本語の訳をかぶせて言っていきましょう。中国語を聴いて、「これは何て言っているんだっけ・・・?」「ドンシーってなんだっけ?」などと考えている暇は一切ありません。考えなくても日本語がすらすら出てくるようになるまで、繰り返してみましょう。

まとめ

通訳メソッドが詰まった学習方法はあまり他にないやり方で、新鮮ではないでしょうか?会話を重視する人にはぴったりの学習法です。中級レベル以上の人は、読解と同時にこの本で会話力を鍛えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA