中国語

【独学の極意】1人で中国語を勉強するなら知るべき4つのテクニック

中国語の勉強って、1人でやる人がすごく多いですよね。

でも、なかなか上達を実感できず、やめてしまう人も多いです。
中国語の勉強方法はそこまで確立していないので、やっぱり大変ですよね。

そこで、この記事では、私がこれまでやってきた中国語の勉強方法をすべて紹介します。

誰でも真似できます!

私はこの勉強方法を使って、独学でHSK6級に合格しました。
また、復旦大学へ留学したときは一番上のクラスに入ることができました。

残念ながら中国語を最短でマスター!のような夢のある勉強法ではありませんが、確実に、じっくり実力を伸ばしていける方法だと、私は考えています。

おすすめ中国語の勉強法

まずは、具体的におすすめの勉強法を紹介します。

実際に自分でやってみたことなので、ぜひ真似してみてくださいね!

それでは、一つ一つ詳しく解説していきます。

声調

最初は声調を勉強しましょう。

中国語は、声調が変わると全く意味が変わります

ピンインをしっかりいえても声調がぐちゃぐちゃだと、全然言いたいことが通じません。

実際中国人と会話するときは、ピンインよりも声調に気をつけた方が伝わりやすいです。

ピンインの発音をマスターするのはめちゃくちゃ難しいんですけど、声調をしっかり身につけることはそこまで難しくありません。

でもみんな難しいピンインばっかり勉強しちゃうので、声調が中途半端な状態で終わっちゃうことも多いんですよ。

まずは中国語には4つの声調があるということを、覚えましょう。

ピンイン

もちろんピンインも大切な勉強です。
ピンイン がわかると発音がやりやすくなるので、ピンインは頼りになる存在です。

でも、ピンインを全部覚えるなんてこと、しなくていいです。
ピンインはあくまで発音のサポートなんです。日本語で言うと、漢字のふりがなみたいなものです。

例えば生活の「生」って言う漢字の読み方を全部言えますか?
多分、あげればキリがないほど読み方があります。

「生活・生きる・出産・人生・一生・生花・生憎…」

ぱっと聞かれて読み方を覚えてなくても、言葉として見れば読み方がわかりますよね。
ピンインもそんな感じでOKです。

ピンイン表を丸暗記なんてしなくていいです。

見ればわかる。聞いたら思い出せる。

そう言う状態を目指せばOKです。

発音についてはスマホでできる発音トレーニングの項目を読んでみてくださいね。

YouTubeを見る

私はやっぱりYouTubeがよかったなぁ

おすすめは、2006年NHK中国語講座!

この動画のポイントは、日常生活で現れるキーフレーズをピックアップし、自然な流れでそれが使えるということです。

ユーモアあふれるセリフに、見て楽しめる構成。

この動画に登場する24のキーフレーズだけ抑えていれば、基礎は問題ありません。

もっと上級レベルを勉強したい人にはこれ!

こちらは、私がNHKに飽きて発掘した動画集です。
基礎を学んだ方に向けて、より高度な授業が展開されています。

授業の質が素晴らしい!これが無料で見れるのすごすぎます!

中国語を勉強している方なら絶対に見てほしい動画です。

初級では基本的な内容を日本語でせつめいしてくれます。

上級になると全て中国語、内容もマニアックなものになっています。

歌をきく

歌が好きな人は、中国語の歌を聞いてみましょう。

よく中国語の歌は声調を無視してるから勉強にならないって言う人がいますけど、中国語の歌で勉強するのは効果があります。

中国語の歌を聞くメリットは、好きなフレーズで文法を覚えれること。

教科書の例文ってふつーすぎてあんまり心に残らないですよね。「あぁ、そう言うのがあるので」くらいにしか思わないので、すぐに忘れちゃいます。

歌で知った単語を組み合わせると、例文がもっと楽しくなります!

例えば「的」を使って例文を作ると

中国語の良い例文の作り方
ロマンチック〜!
いや、さむすぎ…
とにかく、こういう例文を作ると、何かしら感情が動きますね…笑

実は感情が動くと、それは記憶に残りやすいという北海道大学の研究があるんです。

また,日常生活における感情的な体験はリハーサルをもたらし,これが一貫した記憶の形成に寄与すると考えられる。
引用:感情と記憶

Y
Y
興味の出る言葉を使って、例文作りを楽しもう!
おすすめの歌を2つ紹介するね!

▼好きな歌▼

▼かわいい歌▼

中華ドラマを見る

リスニングと発音をぐっと引き上げてくれる勉強法が、ナチュラルな中国語にふれることです。

いちばん人気なのは、日本語字幕付きで中華ドラマを見ることです。

ドラマをあんまりみない人は、バラエティ番組でも良いですよ。
バラエティ番組は日本語字幕がないのでちょっとむずかしめ。

まずは、これらの中国語がききとれるようにチャレンジしてみましょう。

種類むずかしさ
日本語字幕付きドラマ
中国語だけの講座
ドキュメンタリー番組
字幕なしドラマ
一般ニュース
お笑い番組

\私が好きな番組はこれ/

独り言をしゃべる

アウトプットの仕方は人それぞれなんです。

アウトプットの目的は覚えた内容を思い出そうと意識すること。

思い出そうとする作業が大事なので、無理やり声に出したり、誰かと喋る必要もありません。
自分がやりやすい方法で続ければOKです。

独り言はやりやすいからおすすめ!

独り言は、街を歩いてる時にやるのがおすすめです。

  • 目的地までの道順を説明する
  • 目に入ったお店の商品を紹介してみる
  • 気になった人の服装や職業を説明する

こんな感じで、好きなように中国語で独り言をしゃべってみましょう!

楽しそう!
もしわからない単語があったら、メモして後から調べよう!

SNSを使ってみる

中国語の勉強におすすめのアプリは、つぎの3つです。

  • weibo
  • テンセントQQ
  • wechat

微博(weibo)

微博とは、中国版Twitterです。
よく日本のニュースでも中国の世論として取り上げられたりしますね。

ネットスラングが多発するので、若者言葉とかスラング勉強にも向いています。

私もよく微博で投稿します。

日本好きの人がよくコメントしてくれるので、すごく楽しく勉強できています。

weiboの投稿

教科書では学べない中国語を学ぶと同時に、中国の人々と気軽に交流できて、中国への理解も深まります。

日本人は人気なので、すぐにフォロワーが増えます(笑)

日本語でも中国語でも英語でも、たくさん交流してくださいね!

>>>微博(ウェイボー)のアカウント登録方法!

テンセントQQ

こちらは日本でいうLINEに近い。

グループチャットが特に盛んで、いろんな人と話せます。

最初はQQがおすすめです!

私も最初に始めたのがQQでした。

QQはオープングループがあるので、友達がいなくてもグルチャに参加して友達を作りやすいです。

日本語ONLYのグループもあるので、日本語が上手な中国人と仲良くなれます。

>>>QQアカウント登録・QQメール開通方法まとめ

wechat(ウィーチャット)

wechatは中国で最も使われており、SNSのみならず生活の必需品となっているアプリです。

使っている中国人が多いので、中国語を勉強している人は持っていると色んなチャンスがあるかもしれません。

wechatでは密度の濃い友達を作ることができます

中国語の勉強という面ではそこまで向いていないアプリですが、より深い交友関係を築いて中国語の勉強環境を整えるのには便利なアプリです。

>>>Wechatのアカウント登録方法【使い方を徹底解説】

ここで紹介したSNSの使い方については、私が1ヶ月かけて書き出した記事「SNSで中国語を上達させる具体的な方法」に書いたので、興味がある方は読んでみてくださいね。

中国語の勉強は楽しむのが大事!

中国語の勉強で一番大事なことは、自分が楽しめる方法で長く続けることです。

語学は続ければ続けるほど理解が深まるし、中国語が少しでもわかるようになったら、見える世界が一気に変わります。

今まで知らなかった中華料理の名前の意味だってわかるようになります。
新しい友達ができれば、眼から鱗の考え方を知ることもできます。

中国語の勉強は退屈で挫折しちゃう人も多いですけど、今動画を見たみなさんは自分が楽しめる方法で中国語にチャレンジしてみてくださいね。

↑目次へ戻る

中国語の基礎はしっかり勉強しよう

基礎を知っておくとその後の上達が早いので、基礎の勉強は大切です。

でも基礎の勉強って、ちょっとやる気しないんだよなぁ
そうだよね。だから、ここで私が学習プランを作ってみたよ!

一人でも楽しく勉強できる3つのステップをまとめたので紹介します。

 

学習プランを立てよう

1人で勉強するなら、やみくもに勉強してはいけません。

と言っても、どんなことすればいいのかわからないよ
そんな人はこの4週間スケジュールを参考にしてね!
  • week1
    ピンイン覚える/構文のルールを知る
    ピンインはなんとなくわかればOK。
    中国語の文法はS+V+O。
    私は 日本人 です」=「 日本人
  • week2
    ピンイン応用/基本構文
    ピンインの音を聞いて記号がわかるようにしよう。音を聞きつつ発音にもチャレンジ!
    「S+V+O」の簡単な作文ができる。
    私は 学校へ 行く」=「 学校
  • week3
    中国語に触れてみよう
    中国語をたくさん聞いてみよう。日本語字幕ありでOK。意味はわからなくて良いから、中国語のふんいきを知ろう。加えてweek2までの復習も忘れずに。
  • week4
    発音特訓/基本構文を覚える
    ピンインを正しく発音してみよう。おすすめは教科書で学んだ基礎構文をよむこと。教科書の例文は暗記しよう。
ここまでできれば、入門は卒業だよ!

↑3つのステップにもどる

 

ピンインをYouTubeで学ぶ

最初は、ピンインの勉強をしましょう。

私はYouTubeでピンインを学びました。

私が一番おすすめするのは「2006年NHK中国語講座」です。

ピンインや初級の文法を学ぶことができます。

\4分18秒から見てね/

ピンインの勉強で絶対にやってはいけないのが、カタカナに当てはめて読むことです。

ピンインを覚えるときはYouTubeやCDを聴きながら、音と一緒に覚えましょう。

  • 正しい発音をたくさん聞く
  • 聞いた音に似せるように発音する
  • 正しい発音を聞かない
  • ピンイン記号を見てカタカナをイメージする

↑3つの勉強法にもどる

基本構文を覚えよう

中国語の基本構文はすっごくかんたんです。

しかも、基本構文がわかれば、あるていど中国語がわかるようになります。

\おすすめの参考書はこれ/

↑3つの勉強法にもどる

発音を練習する

中国語は発音がいちばん難しいと言われていますが、日本人でもそれなりの発音をすることはできます。

1人でもできる発音の勉強方法はこの2つです。

iPhoneのsiriと話す

iPhoneのsiriをつかう
iPhoneの設定を中国語にすると、siriは中国語をしゃべるようになります。
siriで中国語の勉強
siriが正しく聞き取ってくれれば、その発音はOK。

なんどかチャレンジして、会話の練習をしてみましょう。

wechatの音声入力をつかう
  1. wechatで音声入力
  2. 文字に起こす
  3. 正しいか判断する

wechatでは音声入力ができます。

まずはチャット画面左下のスピーカーボタンをタップ
wechatで中国語の勉強1

すると下にボタンが出てくるので、これを長押しします。
wechatで中国語の勉強2

すると画面が切り替わって
wechatで中国語の勉強3
この状態でしゃべると、それが音声メッセージとなって送信されます。
しゃべっている間は、長押ししたままです。

wechatで中国語の勉強4
メッセージが送信できら、そのメッセージを長押し。

wechatで中国語の勉強5
「文字起こし(转文字)」を選択します。

すると
wechatで中国語の勉強6
音声が認識されて文字になりました!

この文字と読み上げた文章が同じなら、正しく発音できています。

wechatの音声認識はほぼ100%正確なので、ここで認識されてなければ自分の発音に問題があると思いましょう。

教科書の朗読ろうどくをやってみよう!

 
↑3つの勉強法にもどる

↑もくじへ戻る

中国留学生の勉強スケジュール

fudan-schedule
こちらは、私が復旦大学へ留学したときのスケジュールです!

私が思う中国留学の良さはつぎの3つでした。

  • 中国語に集中できる環境がある
  • 生活の中で自然と中国語を使える
  • 中国語を使わざるを得ない場面がある

中国留学では中国語だけを勉強するので、中国語の上達には最高の環境です。

とはいえ、日本にいてもできることはたくさんあります。

✔️CCTVを見たり
✔️SNSで中国人と会話したり
✔️中国語で日記を書いてみたり

日常に中国語をなじませるように努力すれば、留学と変わらない勉強をすることもできます。

語学の入門段階では、日本語をつかって勉強する方が効率的だとすでに証明されています。

日本語をシャットアウトする留学生活は、聞こえは良いですが、じつはそんなに効率的ではありません。

なので日本にいても中国にいても、自分から学ぶ姿勢を忘れなければきちんと上達します。

↑もくじへ戻る

中国語とは?勉強すべきは標準語

上海の外灘
中国は世界一の大きさで、場所によって方言が存在します。中国語の方言はなまりの程度が桁違いに大きくて、違う地方の方言は全く違う言葉で理解できません。まずはよく聞く、「北京語」と「標準語」の違いを確認しましょう。

 

標準語と北京語は違うもの

よく「標準語=北京語」と言われますが、これは間違いです。

北京語は北京の方言で、標準語とは違う部分がたくさんあります。

北京語では巻き舌音《儿》が多用されて、理解不能な表現がたくさんあります。

没错→没错儿(わざわざ《儿》をつける)
我是学生→我儿学生(なんかよくわかんないところが《儿》になる)

中国語の教科書は「北京語言大学」や「北京大学」出版のものが多いですが、例文にやたら《儿》が付いていて読みづらい時もあります(笑)

ちょっと昔は北京語も標準語も区別されていませんでしたが、今の時代はハッキリと違う言葉になっているので気をつけましょう。

 

中国人と会話して思うこと

なんとな〜く感じいていることですが、中国人の言葉は標準語でも人それぞれ話し方が違います。

方言がきつい地方だと標準語もクリアに聞き取れないことが多いです。

方言はピンインだけでなく、イントネーション、言葉遣いまで様々あるため、標準語を喋っても隠しきれない個性が出るのでしょうか。。。

よく、「ハルビンなど北の地方の発音が綺麗」とか、「南の地方は方言がきつい」とか言われますよね。

確かにその通説は正しいような気がしていて、ハルビンの人の中国語は本当に聴きやすいです。

私の周りにいる湖北省の人や蘇州の人はちょっと言葉遣いに癖があって、いつも聞き取りに苦労しています笑

とはいえ、きちんとした中国語スキルがあれば、そのような方言なまりでも全然問題なく聞き取れます

中国人の友達に聞いた話では、中国人にとって北の人のしゃべりかたは怖く感じるらしい。
私にはさっぱり理解できませんでしたが、そういう肌感覚も面白いですね。

標準語を勉強すればどこでも使える

中国の方言は別言語レベルでなまりがあるので、言語の統一をするために作られたのが「標準語」です。

標準語はどこの地方の人でも習うので、どこの地方の人とでも話すことができます。

ちなみに、上海など都心部の若者は方言よりも標準語を多く話す人が多いみたいです。

普通の学生でも、学校では標準語、家では方言というのがよくある感じです。
年配の方だと、方言しか喋れないというケースもあるようです。

 

中国語は独学できる?

中国語の独学は、可能です。

中国語で大切なのは、次の3つです。

  • 発音
  • 基本構文を覚える
  • ピンインに耳を慣らす

スクールに通っても、留学しても、やるべき勉強はほとんど変わりません。

あとは自分がやるかやらないか、です。

私は独学でHSK6級223点を取得しました。
このブログでは私の中国語勉強法を、全て紹介しています。

↑もくじへ戻る

中国語のリスニングを勉強するコツ

  • たくさんの中国語を聞く
  • 構文をチェックしながら聞くとさらにGood
  • 慣れてきたらディクテーション

中国語初心者の人は、とにかく耳を慣らして中国語のリズムに慣れるのが大事です。

耳を中国語に慣らすためには、最初は聞き流しで良いので中国語をたくさん聞くことが大切です。

2006年NHK中国語講座では、講座の最後に中国人へのインタビューがあるので、耳を慣らすのにぴったりです。

NHK中国語講座では、各レッスンの最後に中国人のインタビューがあります。

最初は聞き取れるわけないのですが、それでも聞き流しているうちに耳が中国語に慣れてきます。

とはいえ聞き流しの効果は直感的な部分だけです。

初級以上に中国語を上達させたい場合、ディクテーションを行うのが効果的です。

最近の研究で、聞き流し(大量の外国語を聞くこと)には発音を良くする効果もあるのではないかと示唆されています。
留学したり中国語専攻でまず音から始めた人は発音がよくなる傾向にあります。(逆に変な癖がつくと何しても修正が大変です)

リスニングの勉強をするときは、この3つのポイントを意識しよう
  • どんなピンインが読まれている?
  • ピンインから漢字が思い浮かぶ?
  • 原稿を見て意味を理解できる?

リスニングの原稿をみて意味がわからなければ、聞いても絶対にわかりませんよね。
その場合は、文法や単語を勉強しましょう。

yuki
yuki
最近では、スマホアプリでお手軽にリスニングもできます。

↑もくじへ戻る

資格の勉強でモチベをあげよう

中国語の資格試験で結果を出すために必要なのは3つの勉強だけです
いくら中国語が好きでたのしく勉強していても、そのモチベーションをずっと続けるのはむずかしいことです。

yuki
yuki
ついついだらけちゃう日もあるよね

そこで、数字として目標をもてる資格の勉強をすることで、モチベーションを維持することができます。

受験する資格試験を決めよう

中国語の検定試験には2つの大きな資格があります。そのうちの一つが中国語検定です。

検定試験を受けるのは勉強のモチベーションになるだけでなく、合格すると社会的な武器にもなり得ります

中国語で有名な資格は中国語検定とHSK!

中国語検定

中国語検定とは、日本独自の中国語試験です。
日本では一番有名な中国語の資格ですね。

日本人のための中国語の試験なので、日本語に似ている単語や、翻訳問題があるのが特徴です。

○○検定という名前はわかりやすいので、資格としてもっておくと、いろんな人に自分の中国語スキルを証明できる道具になります。

こんな人におすすめ
  • 中国語の資格がほしい
  • 資格のことがよくわからない

>>>中国語検定を調べる

HSK

HSKとは国際中国語試験です。英語で言うとTOEICですね。

HSKとは汉语水平考试(HanyuShuipingKaoshi)の略です。主催は中国政府公認機関、この資格は中国留学や外資転職に効果的です。
1~6級までレベルがあり、1級が入門、6級が最高レベル。
こんな人におすすめ
  • 中国留学に行きたい
  • 外資系企業に就職したい

>>>HSKを調べる

その他の資格試験

中国語コミュニケーション検定(TECC)
TECCの日程・スコアまとめ!効率よく対策する勉強法も大公開!!

全国通訳案内士試験
全国通訳案内士試験の日程対策まとめ

↑もくじへ戻る

中国語勉強法のまとめ


ここまで色々な中国語の勉強方法を紹介してきました。

中国語の勉強はポイントをおさえることで効率的に進めることができます。

私たち日本人にとって、中国語はとても取り組みやすい言語です。

しかも需要が多く、これから学ぶのにぴったりの言語ですね。

この記事で紹介した内容をぜひトライしてみてくださいね。

yuki
yuki
中国語の勉強がんばりましょうね!

以上、中国語の勉強法でした!

↑もくじへ戻る

中国語の勉強に関するFAQ

中国語の勉強に関するよくある質問をまとめました。

Q:初心者はなにから始めたらいいですか?

A.おすすめはYouTubeの{ "@context": "https://schema.org", "@type": "FAQPage", "mainEntity": [{ "@type": "Question", "name": "初心者はなにから始めたらいいですか?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "おすすめはYouTubeの2006年NHK中国語講座です。これはほんとうにわかりやすいですよ。" } },{ "@type": "Question", "name": "おすすめの中国語の資格を教えてください。", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "まずは中国語検定準4級を目指しましょう。留学を考えている人はHSK4級を目標に頑張りましょう。" } },{ "@type": "Question", "name": "いちばん効率的な勉強はなんですか?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "ディクテーションです。簡単な文からでもやってみるべき。確実に変わります。" } },{ "@type": "Question", "name": "勉強のモチベが続きません。", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "SNSで中国人と交流してみよう。日本人が大好きな中国人は多いので、人気者になれますよ。(変な人には気をつけてね)" } },{ "@type": "Question", "name": "発音がうまくできません。", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "siriやwechatの音声認識で自分の発音をチェックしましょう。間違っている発音は正しい音声を聞いて認識されるまで繰り返し練習します。" } },{ "@type": "Question", "name": "中国語をマスターするにはどうすればいいですか?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "残念ですが語学にマスターはありません。勉強すればするほど課題が見え、未熟な人ほど現状に満足してマスターしたと感じます。もしあなたがいまの実力を不満に思っているなら、それは自分が成長している証拠です。地道に一歩ずつ勉強しましょう。" } }] }