中国語のおすすめ参考書50冊をガチレビュー

イモトアヤコさんが中国語を学ぶ理由!2022年テレビで中国語はいつまで?

イモトアヤコさんが中国語を学ぶ理由!2022年テレビで中国語はいつまで?

2022年のテレビで中国語に出演しているイモトアヤコさん。これまで世界中を旅してきたイモトさんは、どうして中国語を学ぶのでしょうか。

この記事では、イモトアヤコさんが出演する2022年のテレビで中国語の紹介と、イモトアヤコさんが中国語を学ぶ理由を紹介します。

中国語の勉強で最も効率的に上達する方法!SNSで楽しく学ぼうYouTuberがおすすめする最強の中国語の勉強法!社会人の初心者でも独学できる理由
この記事の著者
yuki

ゆうき

プロフィール

ブログを書きながらYouTuberをしています。登録者数2万人。
詳しいプロフィールは「運営者情報」をご覧ください。

イモトアヤコさん出演の2022年テレビで中国語

イモトアヤコさんが出演する2022年のテレビで中国語は、台本なしでガチンコ勝負の撮影をしています。

具体的な出演日程は明らかにされていませんが、2022年度はイモトアヤコさんが生徒役を担当するものと思われます。

イモトさんの中国語の発音はいいの?

まずは、イモトさんの中国語の発音から見ていきましょう。イモトさんが、番組の中で自分の名前を中国語で学びました。その際、先生がまだ何も発音の注意点を教えていないのに、一発で正しい発音を言えたのです。これには、中国人の先生も驚いていて、「イモトさんは中国語のセンスがある」と褒めたたえていました。
 詳しく説明すると、中国語には“四声‘と言って音楽のような4つのアクセントがあり、それをイモトさんは最初から出来ていたということです。これまで中国に何度もロケに行って見ず知らずのうちに中国語の発音を体得していたのかもしれませんね。

中国語にしかない発音も何のその!

中国語で最も難しいと言われる発音は、「ZH、CH,SH,RI」など“そり舌音”です。その名の通り、舌をそり返して出す音なのですが、日本語にはその音はなく、できる人はなかなかいません。また『ü(yu)』という音も日本語には存在せず、“ユー”と“イー”の中間の音で、正しく発声できる日本人はいないのですが、イモトさんは番組の中ですぐにこの音を真似ることができました。先生のおっしゃるように、イモトさんは「中国語のセンスがある」ということがここで証明されています。

イモトさんの中国語は通じているのか?

もちろん、どんな語学も習得するためには、ある一定の年月が必要です。イモトさんの中国語レベルは、学習期間一年ですので、恐らくまだ日常会話レベルだと思われます。ただ、中国語の習得は発音が5割と言われるほど、発音が大事であり、イモトさんの発音はとても良く、番組内で話していた中国語は、ネイティブの中国人にはほぼ聞き取れているはずです。中国語が出来るか出来ないかの判断には、学習者の中国語の発音が中国人に聞き取ってもらえたかどうかが、とても重要なのです。 その点、イモトさんの中国語は、全く問題ないと言っても良いでしょう。

イモトアヤコさんはどうして中国語を勉強するの?

これまで世界100か国以上のロケに行っているイモトさん。もちろん、中国にも何度も足を運んでいます。しかし、中国語は未だかつて勉強しようと思ったことはなかったといいます。それは、イモトさんが多忙なためだけではなく、広大な中国には方言などたくさんあり、発音も複雑なため、いささか抵抗を感じていたのだそうです。そのイモトさんが中国語を勉強することになったのは、NHKの番組『テレビで中国語』(毎週火曜22:55~23:20)にレギュラー出演するためでした。
一年間の番組を通して、イモトさんは中国語の習得に挑戦することになりました。

現地の人と仲良くなりたい!

イモトさんが中国語の学習を始め、中国語を理解できるようになった後の一番の楽しみは、ロケ先で中国人とコミュニケーションが取れることだと言います。イモトさんにとって、外国に行く醍醐味は、何と言っても現地の人との交流です。今までの中国ロケでは、通訳を付けていたので、直接イモトさんが中国語で現地の方と話す機会はほぼありませんでした。今後、中国語を習得すれば、「中国に一人で行き、タクシーでホテルに行き、レストランでご飯を食べる」ことが実現できるだけでなく、現地の中国人とより一歩進んだ交流が可能になりそうですね。

中国をもっと理解したい!

イモトさんはこれまで中国に十回ほどロケに訪れていますが、そこで受けた中国語に対する印象は決して良いものではありませんでした。レストランに行って注文しても、店員は「メイヨ―メイヨー!(ないない)」としか言わず、「いつも怒られているような気がして苦手意識があった」そうです。中国の方は日本人のように物腰柔らかに対応せず、単刀直入に発言する方が多く、イモトさん自身、それは文化の違いだとは理解していても、なかなかその”苦手意識”を解消できずにいました。しかし、中国語の学習を通して、今まで通じ合えなかった現地の中国人とよりフランクに会話をすることが可能になります。「中国にはオリジナルの文化があるので、いつも『次、中国です』と言われたら、気を引き締めるというか、『次は中国か!』みたいな気持ちで挑んでいたのですが、今回言語を学ぶことで、現地の方たちとのコミュニケーションも今までとは変わると思います」と中国語を習得した後の中国訪問をかなり期待しているようです。

中国進出なるか?!

中国には”WEIBO”という中国版ツイッターが存在します。そのユーザー数は、何と8億人!芸能人ブログで有名な日本のAmebaのユーザー数がおよそ8千万人ほどなので、WEIBOは正にその10倍!そのWEIBOにイモトさんもアカウントを作りました。「今後中国語を学んで、打てるようになったら、中国語でつぶやいて、中国で顔を広めたい(笑)」そうです。
実際、WEIBOでイモトさんの活躍を調べてみました。
2021年3月から「你好、我叫井本絢子(こんにちは、私はイモトアヤコです)」というコメントを出してから、同年4月に至るまで、残念なことに4回しかつぶやいていません。フォロワー数はわずか220人。キムタクこと木村拓哉さんがWEIBOに255.3万人のフォロワー数を持つのに比べて、イモトさんの中国進出は、そう容易ではなさそうです。ただイモトさんを応援する中国人のコメントも届いているので、是非諦めないで中国進出を実現させてほしいです。

まとめ

イモトさんはNHKの番組をきっかけに中国語を始めることになりましたが、中国語の発音はぴか一で、素質があることがわかりました。また、イモトさんは、番組の中でも間違いを恐れず、積極的に発言しているので、中国語の上達がはやいのだと感じました。今後、中国語の学習を続けて、中国にロケに行った際は、ぜひ流暢な中国語を私たちに披露してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA